韓米女性軍あわせ史上初めて米軍「歩兵地獄テスト」突破した韓国女性軍

韓米女性軍あわせ史上初めて米軍「歩兵地獄テスト」突破した韓国女性軍

2016年06月07日08時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国陸軍の女性軍の初級将校が、韓米両国軍の「最精鋭戦闘員」資格を相次いで取得した。主人公は陸軍第30師団配下の機械化歩兵大隊の小隊長チョン・チウン中尉(26)だ。

  陸軍は6日「チョン中尉が昨年11月に陸軍最精鋭戦闘員第2期資格試験を通過したのに続き、先月に韓米連合軍司令部団が主管した優秀歩兵徽章(EIB:Expert Infantryman Badge)資格試験にも合格した」と明らかにした。「最精鋭戦闘員」資格制の施行後に韓米2つの資格試験をいずれも合格したのはチョン中尉が初めてだ。龍仁(ヨンイン)大学警察行政学科を出たチョン中尉は昨年、将校合同任官式で大統領賞も受賞した。

  チョン中尉は5月8~26日に韓米歩兵戦闘員630人が参加した中で開かれたEIB資格試験で、韓国軍合格者21人のうち女性軍では唯一名前を上げた。米軍でもEIB資格を持つ女性軍はまだいない。この試験には歩兵だけが参加できるが米軍は今年に入って初めて女性軍に歩兵の兵科を開放した。EIB資格試験は体力検定、昼夜間の読図法、急速行軍(16キロ完全軍装で20キロを3時間以内に完走する)などを全て通過しなければならない。「地獄のテスト」と呼ばれる。

  韓米連合軍司令部団長のテオドア・マーティン少将は「韓米将兵をあわせてEIBを取得した唯一の女性軍の便りを米歩兵学校に通知し、本土でも広報されるようにせよ」と指示した。チョン中尉が昨年11月に参加して取得した陸軍最精鋭戦闘員第2期資格試験には85人が参加したが、4人だけ合格した。チョン中尉は「韓米同盟を一層強固にする役割を担いたい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事