【取材日記】100億ウォン分の水害支援物資がつまらないもの?=韓国

【取材日記】100億ウォン分の水害支援物資がつまらないもの?=韓国

2012年09月14日15時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「大したことのないいくらかの物資を挙げて、われわれをひどく冒とくした」。北朝鮮が12日夜、朝鮮赤十字会報道官を前面に出して、韓国政府の水害支援提案を非難した言葉だ。 この日昼、板門店(パンムンジョム)を通じて対北朝鮮支援協議の中断を通報したのに続き、このような言葉を並べた。 北朝鮮が「大したことがない」という物品は小麦粉1万トン、インスタントラーメン300万個、医薬品など約100億ウォン(約7億円)分。 小麦粉だけでも25トンの大型トラック400台分で、ラーメンも50-60台に積まなければならないほどの量だ。

  しかし北朝鮮当局はこれを突然拒否した。 韓国政府が3日に支援を提案すると、北朝鮮は10日、「南側が計画している数量と品目を知らせてほしい」という反応を見せた。 1週間の検討の末に下した決定であったのは間違いない。 しかし南側が11日に渡した支援リストを見た北朝鮮は、翌日、「そのような支援は必要ない」と交渉の扉を閉じたのだ。

  北朝鮮の突変で最も大きな苦痛を受けるのはやはり被災者の北側同胞だ。 被災者に最も必要な食べ物と医薬品を伝えようとした韓国政府当局と大韓赤十字社(韓赤)は当惑している。

  北朝鮮赤十字報道官は「被災地の住民の生活安定と被害の復旧に実質的に役立つ物資なら考慮するという立場だった」と主張した。 私たちが送ろうとした物品は役に立たず、恩着せがましいとして拒否したという意味なのか。 韓国統一部当局者は「ひとまず緊急救援用の食糧と医薬品を送った後、北朝鮮が要求する物品を追加で協議して送ろうとした」と説明した。

  結局、北朝鮮はコメとセメントに対する執着のため、被災者緊急救援を拒否したとしか考えられない。 北朝鮮の対南戦略家は民生よりも韓国当局を苦境に陥れる方向を選んだのだ。 昨年の水害当時、「コメとセメントを大規模に支援してほしい」と我を張り、結局、水害支援が不発に終わったのと同じだ。

  しかし“人民”が抜けた統一戦線戦術は何にもならない。 地方では台風・水害による死亡・行方不明者が500人に達するというのに、“平壌(ピョンヤン)共和国”では連日、公演・祭典が続き、体制偶像化物と遊園地が続々と建設されている。 そこに動員された資材・装備、人材を水害復旧現場に投入するだけでも、外部に手を出して金品を要求する必要はない程度だという。

  北朝鮮赤十字会は「洪水被害に関し、何も期待したものはなかったが、今回さらに幻滅を感じた」とし、支援の手を差し伸べた韓国側をむしろ非難した。 しかし「幻滅を感じた」という表現は、北朝鮮の変化を期待した韓国の国民の言葉ではないだろうか。

  李永鐘(イ・ヨンジョン)政治国際部門次長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事