韓国大統領史の不名誉…「退任=被疑者」公式化するのか(1)

韓国大統領史の不名誉…「退任=被疑者」公式化するのか(1)

2018年03月14日16時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
贈収賄・横領などの容疑がもたれている李明博元大統領が14日午前、ソウル瑞草区ソウル中央地検に被疑者身分で出頭し、国民に対してメッセージを発表している。
  李明博(イ・ミョンバク)元大統領が14日午前9時23分、ソウル中央地検庁舎の前に立った。退任1844日ぶり、文在寅(ムン・ジェイン)政府発足309日ぶりだ。大韓民国憲政史上、検察の取り調べを受ける5番目の前職大統領になった。

  彼の論硯洞(ノンヒョンドン)自宅から検察庁舎までは10分もかからなかった。フォトラインの前で李元大統領は「私は今日、惨憺たる心情でこの場に経ちました」と話を切り出した。また、「何よりも民生経済が厳しく、韓半島(朝鮮半島)を取り囲む安保環境が非常に厳しい中、私に関連することで国民の皆様にご心配をおかけて非常に申し訳ありません」として頭を下げ、「また、私を信じて支持してくださった多くの方々と、これに関連して難しい局面にある多くの方々にも心から申し訳ないと申し上げたいと思います」と述べた。

  また「前職大統領として言いたいことも多いですが、言葉を慎まなければならないと自分に言い聞かせています」として「ただし、(大統領の検察召喚が)歴史の上で今回のことが最後になるよう願います「と述べた。最後に「重ねて国民の皆様に申し訳ないという言葉を述べたいと思います」と頭を下げてから庁舎の中に入った。

  文字数では計223文字だった。時間は1分余りかかった。1年前、朴槿恵(パク・クネ)前大統領が「国民の皆様に申し訳ないと思います。誠実に取り調べに臨ませていただきます」という8秒間29文字の心境表現よりは長かった。

  李元大統領の捜査は昨年10月、BBK株価操作事件の被害者であるオプショナルキャピタル代表のチャン氏が職権乱用容疑で李元大統領を告発することで本格化した。だが、李元大統領が検察のフォトラインに立つ姿は文在寅政府発足の時から予想されていた場面だった。「DAS(ダス)は誰のものですか」というハッシュタグが流行のように広がり、一部では「朴槿恵より李明博がさらに元凶」という話が公然と出回ったりもした。

  これを意識したかのように、李元大統領も「盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の死に対する政治報復」(1月17日記者会見)と真っ向から対抗したが、状況を挽回するには力不足だった。むしろ「捜査が締めつけてくるたびに反撃のカードがあるかのように騒いだが、結局一度切ることもできずに捕まるのか」という皮肉る声まで右派陣営から聞こえた。

韓国大統領史の不名誉…「退任=被疑者」公式化するのか(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事