【コラム】花より美しい名前「イ・ボクスン」、元慰安婦被害女性の涙の人生

【コラム】花より美しい名前「イ・ボクスン」、元慰安婦被害女性の涙の人生

2017年12月15日09時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  福を受けて生きよとつけられた名前はあまりに長い間忘れられていた。1926年に生まれ、2008年に癌で亡くなるまで、彼女の名前「福順(ボクスン)」は見過ごされていた。南太平洋の「トラック島」の4年、おばあさんの慰安婦被害は公式記録で確認されたことがなかった。真実のインクは彼女のことをきちんと記録できなかった。ソウル市とソウル大学人権センター研究チームが名前を呼ぶまでは。

  1946年の帰還船の搭乗者名簿に書かれた「ヒトガワ・フクジュン」は大邱(テグ)出身の20歳の女性イ・ボクスンの日本式の名前だった。1946年1月に米軍戦闘日誌の写真に白いツーピースを上品に着た彼女がいた。帰郷を控えて荷造りする表情は暗かった。故郷から4000キロメートル離れた熱帯島の恐怖と悲鳴は終わったが、再び花になることはできなかった。1946年3月2日付のニューヨークタイムズはこのように伝えている。「トラック島の司令官ブレイク将軍によるとこの女性(朝鮮人慰安婦)たちは残って米国人のために仕事をすることを望んだ。彼女たちは日本軍に協力したという理由で他の朝鮮人が自分たちを海に落とすだろうと恐れていた」

  その後、イ・ボクスンさんの話はごく一部の友人と家族(養子)にだけ「口伝」された。「妹や弟に食べさせるためにお金を稼ごうとしたが、だまされてアフリカのようなところに行った。死ぬほど苦労ばかりした。」71年経ち、イ・ボクスンさんの名前を資料で確認した研究チームのパク・ジョンエ教授(ソウル大学人権センター日本軍慰安婦記録物管理事業チーム研究チーム長、43)は「単純な『最初のトラック島の資料』ではない。女性1人1人の歴史として知らされるように願う」と話した。イ・ボクスンさんは天国で花になっただろうか。

  今月13日には同姓同名の別人であるイ・ボクスンさんが遠い記憶から呼び戻された。「27年前、ボクスン姉さんがその多くの財産を全部寄付すると言ったのでびっくりしましたね。

  市場で働いて貯めた5億ウォン相当の財産を忠南(チュンナム)大学に寄付した事実が2年経ってから一足遅れて知らされたソン・オクシムさん(89)は自身が実の姉のように慕っていたイ・ボクスンさん(1914年生まれ、1992年死去)について言及した。90年に現金1億ウォンと時価50億ウォン相当の不動産を同大学に寄付して話題になった「のり巻きおばあさん」の実名だ。1年中黒いゴム靴にズボン姿でのり巻きを売って培った大きな財産を、彼女は未練なく社会に差し出した。2010年に彼女の善行が小学校4年生の教科書に載ったりもしたが、ソン・オクシムさんと話さなければ、また聞くことはなかったかもしれない名前だった。中央日報の1990年11月29日付の記事に記録された生前のインタビューでイ・ボクスンさんはこのように話した。「過去30年間余り、汗と真心、涙で積み重ねてきた私の魂のような全財産です。恵まれない環境で勉強する故郷の学生たちに私の精神が伝わればと思います」

  あまりにも親しみがあって、ぞんざいな接し方をしてもかまわないように思える名前、イ・ボクスン。涙と魂が宿るその名前が花より美しく記憶されることを願う。

  キム・スンヒョン/社会2部副デスク
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事