韓国人教授が製作した慰安婦の3D映像、YouTubeで大きな反響

韓国人教授が製作した慰安婦の3D映像、YouTubeで大きな反響

2017年07月24日08時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
慰安婦映像『少女に』の一場面(写真=YouTubeの映像キャプチャー)
  旧日本軍慰安婦の蛮行を広く伝えようと製作された映像がインターネットで大きな反響を得ている。

  23日、檀国(タングク)大などによると、京畿道龍仁(キョンギド・ヨンイン)の竹田(ジュクジョン)キャンパス映画コンテンツ専門大学院のキム・ジュンギ教授(45)は青江(チャンガン)文化産業大学で教鞭を取っていた2014年末に制作した映像『少女に』の仕上げ作業を経て、先月20日、動画サイトYouTube(ユーチューブ)に公開した。

  『少女に』は、日本軍人の根本長寿さんと近藤一さんの肉声の証言に基づいて作られた14分間の映像だ。同映像は現在、再生回数73万を記録している。

  『少女に』は現在、ダビングバージョンの公開を控えている。韓国語字幕バージョンを見たMBC(文化放送)の声優ヤン・ヒムンさんが、キム教授に連絡してもっと多くの人々に見てもらえるようにダビングバージョンの製作を提案した。ダビング作業は22日に完了し、キム教授は近くダビングバージョンをYouTubeで公開する計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事