韓国、来月から500万ウォン台の超小型電気自動車大量発売(1)

韓国、来月から500万ウォン台の超小型電気自動車大量発売(1)

2017年05月29日13時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  忠清北道鎮川郡(チュンチョンブクド・チンチョングン)にあるテチャンモータースは電気モーターを搭載した移動手段を主に製造する。ゴルフ場のカート、障害者用移動椅子、そしてヤクルトレディが乗る電気カートが主要製品だ。7月には新たな製品を発表する。超小型電気自動車だ。同社のチョン・ビョンユン常務は、「小型電気移動手段分野でだれよりも先行するノウハウがある。下半期から本格化する500万ウォン(約50万円)台の超小型電気自動車競争でリードする自信がある」と話した。

  電気自動車社会が近づき市場も細分化されている。実生活に使用できる実用的な超小型電気自動車もいまは現実だ。韓国政府が電気自動車関連法規を整備した。おかげで超小型電気自動車が一般道路で走る機会と補助金を受けられる資格を与えられた。ロードテストのキム・ギボム編集長は「長距離電気自動車が電気自動車の大衆化時代を牽引し超小型電気自動車がニッチ市場を開拓する格好」と話した。

  超小型電気自動車はほとんどが1~2人乗りだ。自動車より小さくバイクより大きい。一度の充電で100キロメートルほど走ることができ、最高速度は時速60~80キロメートル程度。性能だけ見れば小型バイクやスクーターと似ている。だが、中短距離を二輪車より気楽で安全に動くことができる。積載量もバイクを圧倒する。

  ここに環境部と自治体の補助金を受ければ500万ウォンで新車を買える。別途の充電器は不要で家庭用220ボルトコンセントだけで充電でき、フル充電1回にかかる電気料金はわずか600ウォンであるほど経済的だ。小さい車体のため駐車スペースの制約が少なく、狭い路地も容易に行き来できる。通勤・通学など一般家庭のセカンドカーや、パトロール車両、配達用車両として注目される理由だ。大林(テリム)大学のキム・ピルス教授は「超小型電気自動車市場での勝負は『どれがより実用的か』で分かれるだろう」と予想する。

韓国、来月から500万ウォン台の超小型電気自動車大量発売(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事