ガラリと変わった顔の韓国野党議員…なんの手術を受けてこうなったのか

ガラリと変わった顔の韓国野党議員…なんの手術を受けてこうなったのか

2018年12月27日15時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国民主平和党の鄭東泳代表の二重まぶたの整形前(左)と後(右)の様子
  韓国野党「民主平和党」の鄭東泳(チョン・ドンヨン)代表の印象が大きく変わった。鄭代表が27日に国会で開かれた議員総会に登場した時、出席者は鄭代表だとすぐには分からなかった。印象が普段と違っていたためだ。特に目元が変わった。何があったのか。

  平和党関係者は「まつ毛が自分の目を刺激するため、いわゆる『盧武鉉(ノ・ムヒョン)手術』と呼ばれる目の手術を26日午後に受けたと承知している」と話した。盧武鉉元大統領が在任期間中に夫婦で手術を受けたため「盧武鉉手術」と呼ばれるようになったこの手術は、眼瞼(がんけん)下垂症を解消するために行う二重まぶた手術だ。平和党の別の関係者は「最近、モムサル(疲労を伴った風邪のような病気)がひどく、顔がむくんで印象がいつも以上に違って見えたせいもある」と話した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事