現代・トヨタなど自動車メーカーがシリコンバレーに向かう理由

現代・トヨタなど自動車メーカーがシリコンバレーに向かう理由

2017年11月17日14時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代車グループが米国シリコンバレーに未来技術の研究開発(R&D)を専門的に担当する開放型革新センターを15日、オープンした。シリコンバレーにある既存の事務所「ヒュンダイ・ベンチャーズ(Hyundai Ventures)」の地位と機能を拡大して「ヒュンダイ・クレイドル(Hyundai CRADLE)」に改編したのだ。

  ヒュンダイ・クレイドルは人工知能(AI)・モビリティー(移動手段)・自動運転・スマートシティ・ロボットなど未来核心分野の革新をリードしていく。ロボットと未来モビリティーの融合シナジーに焦点を合わせて新しいビジネスの創出にも注力していく。シリコンバレーのスタートアップ発掘・投資・共同開発はもちろん、韓国内の有望スタートアップのシリコンバレー現地進出も支援する予定だ。

  このように現代車グループがシリコンバレーに力を入れているのは、グローバル革新を導く先端情報技術(IT)企業がここに多数進出しているためだ。特に最近では自動運転、コネクティドカー、デジタルマップなどいわゆる「オートテック」に注力する企業が次々と生まれている。3Dプリント技術で自動運転車を製造した「ローカルモータース」、テスラの人材が立ち上げた電気車メーカー「ファラデー・フューチャー」等が代表的だ。

  大韓貿易投資振興公社(KOTRA)シリコンバレー貿易館のチェ・ヒグァン海外IT支援センター運営チーム長は「自動車とITの融合がスピーディに進みながらバッテリー性能技術、電気エンジン、衝突防止センサーなどさまざまなオートテックが発展している」と伝えた。

  このためにフォード・GM・トヨタ・ホンダ・日産・BMW・フォルクスワーゲンなど世界の主要完成車メーカーのR&Dセンターがここに集中している。中国の北京自動車も同地にR&Dセンターを設立し、上海自動車はオートテックベンチャー投資会社を作った。自動車部品業者のコンチネンタルやボッシュ、デンソーもここにR&Dセンターを開いた。

  現代車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長も米国訪問の途中にいつもシリコンバレーに立ち寄る。シリコンバレーのオートテックトレンドを分析してこれをベースに未来の自動車についてのアイデアを得るためだ。

  現代車グループ関係者は「シリコンバレーで花が咲いている自動運転は、未来自動車の基盤技術で、AI・ロボットも車両開発およびモビリティーサービスに必須」としながら「今後、イスラエルなど他のグローバル革新地域にもセンターを増やしていく考え」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事