平昌五輪の韓国代表10人に1人は帰化選手

平昌五輪の韓国代表10人に1人は帰化選手

2017年02月09日08時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2018年の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)には約10人の外国出身選手が太極マークを付けて出場する。ショートトラックとスピードスケートを除けば韓国冬季スポーツは世界レベルと差がある。このため大韓体育会は優秀人材特別帰化を通じて帰化選手を連れてきた。このため平昌五輪には韓国選手団約130人のうち10%以上の15人の帰化選手が参加するとみられる。

  韓国アイスホッケー代表は22人のうち6人が帰化選手。マイク・テストイド(30)らが主軸だ。韓国アイスホッケーは帰化選手が合流したことで大きく変わった。昨年ユーロチャレンジ(6カ国親善大会)で初めて優勝した。

  スキーと射撃が結びついた種目のバイアスロンはロシア出身選手3人を帰化させた。2010年バンクーバー冬季五輪の女子スプリント4位のアンナ・プロリナ(33)は2013年に出産した後、ロシア代表から脱落した。昨年韓国に帰化したプロリナは同年、韓国バイアスロン史上初めて世界選手権のメダル(銀メダル、銅メダル)を獲得した。

  フィギュアスケートでも有望株を迎えるために特別帰化を推進している。ミン・ユラとアイスダンスでペアを組んだアレクサンダー・ガメリン(米国)、チ・ミンジのペアパートナーのテミストクレス・レフテリス(米国)だ。

  帰化選手が10人を超え、賛否両論が出ている。体育哲学者キム・ジョンヒョ博士(ソウル大講師)は「韓国冬季スポーツは層が薄い。このままだと国内で他人の祭りを見物することになるかもしれない」とし「帰化選手を選べば短期間に戦力を高めることができ、同時に技術とノウハウを得られるという長所がある」と述べた。

  カナダ同胞のベク・ジソン・アイスホッケー代表監督(49)は「帰化は国際的な傾向だ。2006年トリノ五輪開催国のイタリアはカナダと米国の出身選手11人を抜てきした」とし「カナダ出身のブラク・ラドンスキー(34)は10年間、韓国実業チームの漢拏(ハルラ)でプレーし、韓国を第2の故郷と考えている」と話した。

  しかしキム・ユギョム・ソウル大体育教育科教授は「五輪を控えて急に帰化を推進したケースが多い。国民が果たしてこういう選手たちと同質感を感じることができるのか疑問に思う。メダルを獲得しても国民の和合に役立つかも疑問」とし「お金でメダルを買うのと変わらない。勝利ではなく参加に意義があるとみる五輪精神とも距離がある」と指摘した。チェ・ドンホ・スポーツ評論家は「帰化は個人の選択」としながらも「一部の帰化選手は五輪が終われば自国に戻るのではという懸念もある」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事