「成長国は韓国についていけ」ゴールドマン・サックス会長が激賛(1)

「成長国は韓国についていけ」ゴールドマン・サックス会長が激賛(1)

2012年03月28日11時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ゴールドマン・サックス資産運用のジム・オニール会長が今度は韓国セールスに出た。大げさに見えるほどの表現を使いながら「韓国についていけば答がある」と絶賛した。彼は24日、「成長市場国すべてに韓国は役割モデルであり目標にならなければならない」と主張した。ゴールドマン・サックスのホームページに上げた最新「ビューポイント」でだ。

  彼は「さまざまな国の政策担当者が『BRICsに入れてくれ』『重要な国と認識されるには何をしなければならないか』と尋ねてくる。私の答は簡単だ。韓国についていけばいい」ともした。

  賛辞は続いた。「BRICsと“ネクスト11”が韓国のような政策を行うならば20年後の世界ははるかに良いものになっているだろう」とも述べた。「ネクスト11」は韓国、メキシコ、トルコ、イラン、エジプト、ナイジェリア、バングラデシュ、インドネシア、パキスタン、フィリピン、ベトナムを示す。ゴールドマン・サックスの視点から成長の可能性が大きいと挙げられた国々だ。オニール会長はまた、「どうして韓国をまだ新興国というのかわからない。話にならない」と付け加えた。

  ビューポイントは一種の週間ブリーフ、または投資家へのレターだ。レター形式を借りて世界の資本市場の流れと投資に対する自身のインサイト(識見)を伝える。オニール会長が直接世界を回って見聞きし体験したこと、自社から出た報告書などを基に2~3週に1度ずつ不定期的に出している。

  オニール会長が投資家へのレターでなぜ突然に韓国経済称賛に出たのだろうか。同社がつけている「成長環境点数」(GES)で高得点を取ったためだ。国の負債、教育、人口、技術水準などの項目に分けて点数を付ける。ゴールドマン・サックスは成長潜在力を計るための尺度としてこの点数を使用する。最近発表された2011年のGESで韓国は10点満点中7.72点を取り優等生の隊列に入った。7点を得た米国や6.8点の英国、6.7点の日本より高かった。点数を付けた国の中で4位だ。1位はシンガポール、2位がノルウェー、3位が香港だ。ゴールドマン・サックスが「成長市場」と呼ぶ8カ国(BRICs4国と韓国、インドネシア、メキシコ、トルコ)では韓国が最も順位が高かった。

「成長国は韓国についていけ」ゴールドマン・サックス会長が激賛(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事