韓経:【コラム】アチソンラインと桂・タフト密約

韓経:【コラム】アチソンラインと桂・タフト密約

2017年08月22日13時42分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年の韓米連合乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン演習に参加する米軍兵力が30%も減った。米国の原子力潜水艦など戦略資産動員計画もないという。2日前まで韓国合同参謀本部議長は「訓練の縮小はない」と述べ、国防部は「昨年と似た規模で進める」と説明していた。「北朝鮮の脅威に屈服した訓練縮小」という見方も出ている。

  そうでなくとも外交舞台で韓国が疎外される「コリアパッシング」の懸念が広がり、さらに在韓米軍撤退論など敏感な懸案が重なっている状況だ。米国と日本、中国、北朝鮮の水面下交渉から韓国が除外されるという警告が続いている。韓国が米国防衛ラインから排除される「新アチソンライン」を心配する声も聞こえる。日本の韓国支配を容認した「桂・タフト密約」の痛恨の過去を思い出す人も多い。

  アチソンラインとは、1950年1月にアチソン米国務長官が米国のアジア太平洋防衛ラインをアラスカ-日本-沖縄-フィリピンに定めたものだ。韓国の安全を保障しないと受け止めた金日成(キム・イルソン)主席の誤った判断で5カ月後に韓国戦争(朝鮮戦争)が勃発した。先週の日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、ティラーソン米国務長官は「日本の安保を強化するための対話に焦点を置いた」と述べ、韓国を豪州・インド、その他の東南アジア国とともに「地域パートナー」と表現した。マティス国防長官も韓国と歩調が合わない現実を間接的に指摘しながら韓米連携の強化を注文した。

  日米の首脳はいつよりも近い。北朝鮮の「グアム包囲射撃」威嚇当時、トランプ大統領は安倍首相と直ちに電話会談した。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射をした時もトランプ大統領と安倍首相は緊急電話会談をした。当時、韓国大統領は夏季休暇中だった。青瓦台(チョンワデ、大統領府)は米国と十分に協議していると釈明したが、「コリアパッシング」の懸念を払拭することはできなかった。

  このままでは第2の桂・タフト密約を心配しなければいけないという声も出ている。1905年、日本の桂太郎首相と米国のウィリアム・タフト陸軍長官が日本の韓国支配と米国のフィリピン支配を相互承認してから5年後、韓国は日本に強制併合された。「アジアの平和」を前面に出したこの密約でセオドア・ルーズベルト大統領はノーベル平和賞を受け、タフト長官は第27代米国大統領になった。

  外交専門家らは「今後、米国中心の海洋勢力と中国中心の大陸勢力がぶつかる過程で韓国はいつ犠牲になってもおかしくない」と指摘する。韓国政府が言葉と行動が異なる綱渡り外交を続ければ、1世紀前、67年前の悲劇を繰り返す可能性があるということだ。この渦中に日本は来年の防衛費を5兆円以上増やすことにした。外交は言葉だけでするのではない。自強のない国は未来もない。

  コ・ドゥヒョン/論説委員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事