<北核実験>金正恩氏が恐れるB-52、それより強いB-1B来る

<北核実験>金正恩氏が恐れるB-52、それより強いB-1B来る

2016年09月12日10時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国の戦略資産が早ければ12日に再び韓半島(朝鮮半島)に急派される。アシュトン・カーター米国防長官は9日(現地時間)、韓民求(ハン・ミング)国防部長官との電話で「米国は威嚇を抑制するために核の傘・在来式の抑制・ミサイル防衛能力を含むあらゆる範疇の抑制能力で韓国と共にする」と話した。韓長官は9日に国会に出席して「B-2、B-52、核潜水艦など米戦略資産を適時に展開して北朝鮮の追加挑発を抑制できる」と明らかにした。

  このうちグアムにいたB-52爆撃機は先月26日、米国ノースダコタのマイノット空軍基地に戻った。代わりに米国は先月初めにB-2ステルス爆撃機をアンダーソン基地に派遣した。軍関係者は「1950年代末に開発されて老朽化したB-52の性能を改良してグアムの戦力を強化する次元と思われる」と話した。韓長官がB-52の韓半島派遣に言及したが可能性は高くないという分析だ。B-52爆撃機とB-2爆撃機はそれぞれ今年1月と2013年の北朝鮮の核実験直後に急派されたことがある。B-1Bの韓半島出撃は、韓米が北朝鮮の5次核実験を深刻に受け止めているためだ。B-1Bランサー(Lancer)は米空軍の超音速戦略爆撃機で核爆弾24発(W-83)を積み込み、誘導爆弾JDAM(GBU-38)48発を搭載できる。B-52・B-2とともに米国の3大戦略爆撃機だ。F-22ステルス戦闘機と核弾頭装備潜水艦を動員する可能性もある。米国の戦略資産は朴槿恵(パク・クネ)大統領とバラク・オバマ大統領が合意した「拡張抑制」政策の軍事的手段の1つだ。拡張抑制は米軍が同盟国を防衛するために核威嚇国に自国水準の核報復をすることを意味する。

  国防部当局者は「在韓米軍の烏山(オサン)基地から米戦略爆撃機が飛ぶのは、北朝鮮指導部を攻撃するという強力なメッセージ」として「B-1Bは金正恩(キム・ジョンウン)氏が恐れをなすB-52よりも強い爆撃機で、北朝鮮に渡らずとも北側指揮部を核で焦土化できる」と話した。

  韓米国防部は12日には統合国防協議体(KIDD)会議を開いて北朝鮮核に対する拡張抑制力の強化案を議論する。現在、韓米の北朝鮮核抑制戦略は米国の核の傘と両国のミサイル攻撃能力およびDIE(Diplomacy・Information・Economy)が核心だ。北朝鮮が核運搬手段としてミサイルを使う場合に備え、これを▼探知▼かく乱▼破壊▼防衛する作戦概念も具体化している。キルチェーン、韓国型ミサイル防衛(KAMD)体系、「大量反撃報復(KMPR:Korea Massive Punishment & Retaliation)」など3つの軸だ。

  だが朴大統領が北朝鮮核実験後に急きょ帰国した点から分かるように軍当局が北朝鮮の5次核実験時期を事前に把握できなかったという点については批判が出てきている。共に民主党陣営の議員は「(先制攻撃を意味する)キルチェーン(ミサイルをリアルタイムで探知して攻撃につなげる攻撃型防衛システム)というのは挑発兆候をどれほど早く把握するかがカギ」としながら「正確な情報力を取得してこそキルチェーンが効果的に働く」と指摘した。合同参謀本部が9日に初めて公開した「大量反撃報復」作戦も先制攻撃の概念だ。

  これもまた情報が本質にならなければならない。軍関係者は「特殊部隊を平壌(ピョンヤン)などに浸透させて金正恩氏ら北朝鮮指導部を除去する作戦計画を持っているが、現在は計画段階」として「MC-130J(特殊戦輸送機)など特殊戦に活用できる装備や人材はいまだに確保できていない」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事