訪日した自由韓国党代表「政府が北核に対処しないので私が来た」

訪日した自由韓国党代表「政府が北核に対処しないので私が来た」

2017年12月15日08時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
自由韓国党の洪準杓代表(左)が14日午後、東京の首相官邸で安倍晋三首相と握手をしている。2人はこの日、北核問題の解決に向けた両国間協力案を議論した。(写真=自由韓国党)
  自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が14日、安倍晋三首相と面会して北核問題の解決など両国間協力案を議論した。この席で安倍首相は「いかなる手段を動員してでも北核だけは容認しない」とし「北核不容」の立場を強調した。

  13日から日本を訪問している洪代表はこの日午後、首相官邸で約30分間安倍首相と同席者なしに非公開面会を行った。この日の面会は文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席の首脳会談と同じ日に行われた。日本の首相が韓国野党代表と面会したのは2006年朴槿恵(パク・クネ)当時ハンナラ党代表が小泉純一郎首相に会って以来初めてだ。

  洪代表は面会後、記者会見で「日本の政治家たちは直接的な返事をほとんどしないが、安倍首相は比較的率直に自身の心の中を見せたと考える」とし「安倍政権が北核問題に関し、自由韓国党と同じ認識を有しているという点を確認した」と話した。

  この日面会で洪代表は安倍首相に「文在寅政府が習近平国家主席を謁見しに行く日」という表現を使って「政府レベルで(北核対処)すべきことだが、しなくて第一野党である私たちが来た」と話した。引き続き「トランプ米大統領がテーブルの上に載せたというオプションに『予防戦争』もあるという点を承知しているか」との質問に、安倍首相は「トランプ米大統領の(北核に関連した)すべてのオプション、トランプ大統領がテーブルの上に載せたというすべてのオプションを積極的に支持する」とし「北朝鮮が米国の強い意志を過小評価してはならない。対話のための対話は必要ない」と答えたと伝えた。

  特に、安倍首相はこの席で韓日米軍事訓練と同盟の必要性を強調したという。洪代表は安倍首相が「日本の上空でも良いから韓日米軍事訓練をするべきだが、韓国政府が(検討)していないため残念だと思っている」とし「韓日米、日米二国間同盟と韓日米同盟が北核危機を防ぐうえで最も重要な観点だと考える」と話したと伝えた。また、文在寅政府が800万ドル(約9億148万円)相当の対北朝鮮人道的支援を推進していることに対しては「慎重に考えてほしい」として懸念も示したという。

  洪代表は面会で在日同胞に対する一部極右勢力の「ヘイトスピーチ」(hate speech・嫌悪発言)問題を取り上げ、処罰条項の新設など日本政府の積極的な対応を求めたという。

  一方、安倍首相は洪代表に慰安婦問題と国会内強制徴用労働者像の設置問題に対して韓国側に立場を伝えてほしいと求めたが、洪代表は「北核問題が薄れる可能性があるため、その問題に対しては答えない」として断ったと、張済元(チャン・ジェウォン)韓国党首席報道官は伝えた。

  一方、この日午前、中国で起きた文大統領歴訪写真取材団暴行事件を聞いては「どれほど見下していたら…」としながら不満を示したりもした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事