<高層ビルで謎の揺れ>強制退去命解除、しかし振動原因は分からず

<高層ビルで謎の揺れ>強制退去命解除、しかし振動原因は分からず

2011年07月07日09時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
呉世勲(オ・セフン)ソウル市長(左から2人目)が6日午前、建物の揺れで強制避難措置が下されたソウル九宣洞テクノマートを訪問して現場を見回っている。
  ソウル市広津区九宜洞(クァンジング・クイドン)テクノマートに下されていた入居者強制退去命令が7日午前9時に解除された。管轄の広津区役所側は「今のところ、建物崩壊の危険はない」と明らかにした。パク・ジョンヨン広津区副区庁長はこの日午後7時30分、テクノマート事務棟で記者ブリーフィングを開き、「韓国施設安全公団(理事長キム・ギョンス)が5~6日に2度、合計16時間にわたって地下6階と地上7階(振動が発生した階)に対する緊急安全点検を実施した結果、建物構造上の問題はなかった」と明らかにした。パク副区庁長はしかし「振動原因の可能性がある販売棟11階の4D(体験)映画館は引き続き立ち入りを統制し、ジム(12階)の使用も制限する」と説明した。続いて「市民の不安を解消し、正確な原因を解明するために、約3カ月間の精密安全点検を実施する」と付け加えた。

  次は主要疑問点に対するパク・クビョン施設安全公団建築室長ら担当者の答弁だ。

  --建物の揺れ原因は何か。

  「今のところ、4D映画館とジムで発生した振動が凝縮されて揺れが起きたものと把握している。しかし、今のところ正確な原因というよりは推測だ」

  --どうして上下で揺れたのか。

  「今回の振動は地盤の問題ではなく、建物の上層部で起きた機械の振動に該当する。機械の振動の場合、建物のほぼ全体が上下に揺れるものだ。プライムセンターのように狭くて細長い建物は風や機械の振動による揺れがたびたび発生する」  

  これに対して延世大のキム・サンヒョ教授(土木環境工学)など一部の専門家は「4D映画館やジムの振動が大きいからといって、柱に乗ってその振動が30階以上の高層まで到達したという話は聞いたことがない」と疑問を呈した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事