【社説】鉄道連結着工式を成功裏に終了…北朝鮮、最後の機会を逃さないように

【社説】鉄道連結着工式を成功裏に終了…北朝鮮、最後の機会を逃さないように

2018年12月27日15時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国と北朝鮮が26日、開城(ケソン)板門(パンムン)駅で鉄道・道路連結着工式を行った。米国と国連の北朝鮮制裁が障害となったが、訪韓したスティーブン・ビーガン米国務省対北朝鮮政策特別代表が政府と緊密に調整した末に、制裁の例外が認められて実現した行事だ。これを契機に10月マイク・ポンペオ米国務長官の4回目の訪朝以降漂流してきた米朝対話が再開され、北朝鮮の非核化と平和プロセスの進展があることを願う期待感も高まっている。

  韓国政府はこの他にも韓米調整によりインフルエンザ治療剤であるタミフル20万人分を年内に北朝鮮に伝達する計画だ。米国も米国人の北朝鮮訪問の解禁を検討し、マイク・ペンス副大統領が北朝鮮の人権状況を非難する内容の演説日程を取り消すなど、前向きな姿を見せている。北朝鮮はこの機会を逃してはならない。

  6月シンガポールで金正恩(キム・ジョンウン)委員長とドナルド・トランプ大統領が会って「韓半島(朝鮮半島)の非核化」に合意したが、それから半年以上、非核化プロセスは一歩も前に進まなかった。北朝鮮が核申告など後続措置を拒否して米国実務陣と対話すら避けることで時間がかかっているためだ。北朝鮮は米国官僚らとの手ごわい交渉の代わりにトランプ大統領との「熱い」談判を通じて制裁解除と経済支援を引き出すという思惑のようだ。しかし、北朝鮮の非核化に対するワシントン官民の超党派的意志と二重三重に北朝鮮を縛り付けた制裁網はトランプ1人の「決断」だけでは絶対に開かない。実際に、米国は鉄道・道路連結着工式という一回だけの「イベント」を許容しただけで、韓国政府が昨年から推進してきた800万ドル(約8億9000万円)の北朝鮮に対する人道的支援さえ承認しなかった。そのうえに、来年からはトランプ大統領の力もかつてのようではない公算が大きい。来年2月以降米議会が2019年度の会期を開始すれば、下院を掌握した民主党がトランプ大統領の北朝鮮政策に大々的な攻勢をかけるものと予想されているためだ。「来年2~3月中に非核化が本格軌道に乗らなければ(南北関係が)非常に難しくなるだろう」という趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官の話を平壌(ピョンヤン)は軽く聞き流してはならない。

  今は金正恩(キム・ジョンウン)委員長にかかっている。年末忙しく続いた韓国の仲裁努力と米国の譲歩措置に応え、北朝鮮に与えられた最後の「機会」を生かしてほしい。来年1月の新年の辞で非核化の進展に向けた果敢な決断を示してほしい。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事