【社説】韓国政府、四角ばった政策を修正するのはそれほど大変なのか

【社説】韓国政府、四角ばった政策を修正するのはそれほど大変なのか

2018年10月29日15時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  冬はまだ先だというのに雇用市場はすでに真冬の寒さに凍えている。6カ月以上求職中の長期失業者は今年に入って9月までで15万人を越えた。関連統計を取り始めた1999年以来の最大記録だ。失業者があふれ返り、同期間の失業給与支給額も5兆ウォンを超えた。昨年同期比1兆ウォン近く増えた。

  職にありつけないあまり、求職活動をあきらめた求職断念者は51万6000人に達した。現在と同じ基準で統計を集計し始めた2014年以降、最も多かった。職を得るのがこれほどまでに大変だが、公共機関はもちろん私企業まで請託による数人の「金の箸とスプーン」たちは血のにじむような入社競争を迂回する特権を享受した。年頭に金融監督院が調査し、検察に告発した銀行界の採用不正事件に関連し、先週初めて裁判所の判断が出た。ソウル南部地方裁判所は26日、業務妨害と男女雇用平等法違反容疑で起訴されたKB国民銀行関連者全員に有罪を言い渡した。公共機関ではない私企業の採用不正に業務妨害罪を適用して処罰した事例は多くない。民間銀行を含めた私企業の採用は、これまで企業必要に伴う人事管理の一環という点で、経営者や人事権者の裁量が幅広く認められていた。私企業の人事権乱用に警鐘を鳴らした今回の判決は、私企業公開採用も透明で公正な原則を守らなければならないという国民の法感情に符合する。

  最近、ソウル交通公社など公共機関の雇用世襲を批判するネットユーザーのコメントの中には、脈絡なく崔順実(チェ・スンシル)被告の娘チョン・ユラ氏がしばしば登場する。一時、国民を怒らせたチョン氏の「いい親と巡り会うのも実力」という発言が間違っていなかった、という自嘲混じりの反応だ。「バック」がいてこそ就職できるという「有バック有職、無バック無職」というコメントも言葉を失わせる。「韓国の大学生が就職するには、勉強を放り出して朴元淳(パク・ウォンスン)キャンプに入るか、生まれ変わって全国民主労働組合総連盟(民主労総)組合員の両親をもたなければいけませんか?」先週ソウル市庁に張り出された大学生の大字報(壁新聞)だ。機会は平等でもなければ、過程も公正でなく、結果も正義に基づいていないという抗議だった。

  雇用市場には寒波が押し寄せ、マクロ経済は活力を失って後退し、金融市場は大きく動揺して一寸先も闇だ。今の政府が前面に出していた公正の価値も採用不正に汚された。文在寅大統領は昨日、出入り記者団との登山で「我々の政策基調である所得主導成長・革新成長・公正経済がうまく回っていくように努力しなければならない」と述べた。公式的な席ではなかったが、最近の経済状況と採用不正に対する言及が一切なかったという点は残念だ。今急がれていることは、経済現実をありのまま受け入れて四角ばった政策に手を入れる政府の実用的な姿勢だ。青瓦台と政府には危機意識も、誤りを認めて政策を修正しようという勇気もないようだ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事