<インタビュー>自民党青年局長「慰安婦合意、国家間の約束守り日本も歴史を反省すべき」

<インタビュー>自民党青年局長「慰安婦合意、国家間の約束守り日本も歴史を反省すべき」

2018年09月28日08時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
自民党青年局長の鈴木馨祐・衆議院議員
  安倍晋三首相など歴代5人の首相が経た自民党青年局長は人材の登竜門と呼ばれる。45歳以下の若手国会議員60人と青年党員10余万人をまとめる自民党青年局長の鈴木馨祐・衆議院議員(41)は中央日報とのインタビューで韓日関係の未来に対して「韓国と日本双方にとって『強すぎる中国』も『弱すぎる中国』も望ましいことではない。このようにそれぞれ違った点から中国や北朝鮮問題など共通の課題と関心事を一緒に見つめることが重要だ」と述べた。

  鈴木氏は28歳の初当選からすでに4回の当選経験がある。10日、衆議院議員会館事務室で行われたインタビューは、1998年10月8日に発表された「金大中(キム・デジュン)・小渕宣言(21世紀に向けた新たな日韓パートナーシップ共同宣言)」20周年を機に行われた。

  --韓国や韓国政治に対する普段の考えは。

  「不満があるとするなら、韓国の一部の政治家とメディアに極端な時があるということだ。もちろん日本も同じだ。政治的な目的で攻撃する政治家がいて、日本にも韓国をわざと悪く言う人がいる。歴史について日本も反省しなければならない。だが、(慰安婦合意のように)一旦政治的に合意したことを変えるのは良くない。政権同士で約束したものではなく、国対国で約束した合意なら守られなけらばならない。それでこそ信頼が築かれる」

  --望ましい韓日関係のために必要なことは。

  「英国とフランス、ドイツとフランスのように、隣国間にはさまざまな問題と争いがある。ところが中国や北朝鮮問題のように、もっと大きく重要なことが多い。このような問題に対して一緒に対応したほうがいい」

  --北朝鮮問題が韓日関係発展に寄与できるか。

  「共通の認識を持つことが重要だ。(統一に対しても)理想的なのは韓国が主導する統一だが、(北朝鮮と)中国との関係などを考えるとすぐには現実的ではない。(当分統一できないとすれば)核のない北朝鮮、現在の体制よりも安定した体制が韓国と日本にとって望ましいのではないだろうか」

  --安倍首相が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と直接会うと述べているが。

  「安倍首相は意欲がある。しかしオプションは金委員長が握っている。(核やミサイル、拉致に対する)北朝鮮の立場が変わらなければ会う必要がない。北朝鮮問題に関してはそれほど楽観しない方が良い。慎重に、むしろ少し懐疑的にアプローチしたほうがいい」

  --韓日関係のために文大統領に望むことがあるなら。

  「東アジア情勢に関連し、日本・米国との連携をもっと強くしてほしい。もう少しリアリズム的な(現実主義的な)アプローチ、あまり楽観的すぎないアプローチをしてくれればと思う」

  --韓国内では安倍首相が推進する改憲に対する懸念がある。

  「日本は戦争をしたい考えは全くない。(自衛隊が憲法に規定されれば)攻撃をするというわけでもない。むしろ戦争しないための(防止するための)現実的な改憲と考えてほしい」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事