韓国人の仮想通貨平均投資金額541万ウォン

韓国人の仮想通貨平均投資金額541万ウォン

2018年04月15日11時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  仮想通貨取引をした投資家の平均投資金額は541万ウォン(約54万円)という調査結果が出た。平均投資金額が最も大きい年齢帯は50代だった。

  仮想通貨取引所ビットサムの依頼によりエムブレーンが仮想通貨を認知している成人800人を対象に実施した調査によると、仮想通貨取引者の投資金額は平均541万ウォンと集計された。仮想通貨取引所を利用したことがあると答えた回答者は全体の34.8%だった。

  年齢別で平均投資金額が最も多いのは933万ウォンを記録した50代だった。次いで30代が644万ウォン、40代が541万ウォン、20代が207万ウォンの順で平均投資金額が多かった。

  投資金額を3つのグループで分けると、高額投資群の平均金額は2230万ウォンで、低額投資群は23万ウォンにとどまり偏差が大きかった。中額投資家の投資規模は平均233万ウォンだった。

  仮想通貨取引を始めることになった契機は複数回答で「好奇心」と「最近話題になり関心を持った」が各40.3%で最も多かった。20代と40代がこれを最も多く挙げ、50代は「周りの知人の勧めで」が48.8%で最も多かった。

  投資家が取引所を選択する時に最も重要に考慮する要因は「セキュリティシステム」(33.1%)だった。「システムの安定性」(25.9%)も重要な考慮対象だった。「出入金処理速度」(10.1%)、「取引所規模」(8.3%)、「投資したい仮想通貨の上場の有無」(7.9%)などは相対的に取引所選択に大きな影響を及ぼさなかった。

  投資家が利用する取引所はビットサム(53.6%)、アップビット(27.0%)、コインワン(8.3%)、コービット(6.5%)の順だった。取引所別の認知度調査ではビットサムを知っているという回答者は93.0%に達した。コインワンが64.5%、コービットが51.0%、アップビットが43.9%だった。

  投資家が投資情報を得る経路は主にインターネット検索(52.9%)だった。専門コミュニティ(38.1%)や仮想通貨取引所(32.7%)、オンラインポータルカフェ(29.9%)で情報を得る投資家も少なくなかった。

  投資家が最も信頼する情報経路は専門コミュニティ(46.4%)だった。インターネット検索(46.0%)、オンラインポータルカフェ(31.7%)、仮想通貨取引所(31.3%)も比較的信頼できる情報経路と評価された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事