与正氏には食事接待4回、ペンス氏には1回、安倍氏は0回(1)

与正氏には食事接待4回、ペンス氏には1回、安倍氏は0回(1)

2018年02月13日07時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開幕を祝うために韓国を訪れた各国の首脳級要人が予定された日程をほぼ終えて「平昌首脳外交戦」第1ラウンドが終了した。だが、韓国政府が金与正(キム・ヨジョン)北朝鮮労働党中央委第1副部長を国賓級で最大のもてなしをする一方、米国のマイク・ペンス副大統領や日本の安倍晋三首相ら主要国の最高級要人に対する配慮はおろそかにしたという指摘が出ている。

  ◆北には大統領・首相・長官・室長が対応

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、韓国に2泊3日(9~11日)滞在した金与正氏と4回も会った。開会式出席(9日)、会談および昼食会(10日午前11時~午後1時46分)、女子アイスホッケー合同チーム競技の観覧(10日午後9時10分~11時10分)、三池淵(サムジヨン)管弦楽団公演観覧(11日午後7時~8時40分)を共にした。

  北朝鮮代表団に対する食事接待は9日のレセプションを除いても4回だった。10日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の昼食会に続いて夕食会は趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官がもてなしたほか、11日の昼食会と夕食会はそれぞれ李洛淵(イ・ナギョン)首相と任鍾皙(イム・ジョンソク)大統領秘書室長が主宰した。

  ◆ペンス氏の席、金永南氏の向い側に配置

  多くの国から来賓が集まる行事を主催する国のトップが一国の代表団とこのように多くの時間を過ごすのは異例だ。文氏はペンス氏も2泊3日(8~10日)の間に4回会ったが、その内容には違いがある。会談および夕食会(8日午後6時30分~9時14分)、レセプション(9日午後6時39分~44分)、開会式出席(9日)、女子ショートトラック競技観覧(10日午後7時43分~8時20分)などだった。

  特に、ペンス氏が9日レセプション時に開始5分で行事会場を離れたのは大きな外交的波紋を呼んだ。ある外交消息筋は「青瓦台が金永南(キム・ヨンナム)北朝鮮最高人民会議常任委員長をペンス氏と同じメインテーブルに配置し、これを米国側は快く思わなかったものと承知している。金永南氏の席を変更するよう求める要請も米国がしたようだ」と伝えた。

  だが、青瓦台は席次を変えることはなく、結局、米国側は行事1時間前にレセプションへの不参加を通知してきたという。青瓦台は「ペンス氏が自国選手との夕食会の日程のためにレセプションに来れないと事前通報した」としたが、不快感の表現だった可能性が高いという言葉が外交界では定説だ。

  米国側はペンス氏の訪韓前から北朝鮮との接触説に不快感を隠さなかった。5日、韓米の6カ国協議首席代表協議のために訪韓した米国のジョセフ・ユン国務省北朝鮮担当特別代表は、韓国政府および学界の人々に会って「ペンス副大統領はいかなる契機の米朝対話にも関心がない。意味ある出会いが実現する可能性は0%」と釘をさしたという。ある高位外交官OBは「副大統領に対するこのような形のレセプションの席次は米国の立場からは意図的な侮辱とも受け取れる欠礼」と評価した。

  ペンス氏の訪韓期間中、韓国政府の要人と一緒に過ごすメディア公開日程もなかった。9日、平沢(ピョンテク)第2艦隊司令部の訪問時、金炳周(キム・ビョンジュ)韓米連合軍司令部副司令官らが同行しただけだ。

与正氏には食事接待4回、ペンス氏には1回、安倍氏は0回(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事