国連「日本は慰安婦問題で誠意ある謝罪と補償を」

国連「日本は慰安婦問題で誠意ある謝罪と補償を」

2017年11月17日11時45分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
世界慰安婦の日である14日、大田西区ポラメ公園に建てられた平和の少女像の目に降った雨が涙のように流れている。
  国連人権理事会が旧日本軍慰安婦問題に対する謝罪と補償を日本政府に勧告したと共同通信が16日、報じた。

  国連人権理事会は14日、スイス・ジュネーブで開かれた日本人権状況に対する「普遍的定例人権検討」会議の結果をふまえ、この日に日本に「旧日本軍慰安婦問題に対して誠意ある謝罪をし、犠牲者に補償せよ」と求める勧告を出した。

  会議で日本政府は慰安婦問題について「慰安婦合意による韓日協力で慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒す事業を実施している」と明らかにした。

  これを受け、韓国政府代表団は「慰安婦合意に対して多くの被害者や市民団体は不十分な合意であり、合意の過程で被害者中心の対応が足りないと見ている」と強調したことがある。

  人権理事会は加盟国を対象に5年以内に一回ずつ人権検討会議を開いて人権政策の方向を審査している。日本は2008年と2012年に審査と勧告を受け、今回5年ぶりに再び審査の対象になった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事