【噴水台】文在寅政府のデッドクロス

【噴水台】文在寅政府のデッドクロス

2018年12月27日14時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「一度越えれば、取り返しのつかない線なのか」

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対する否定的な評価が肯定的な評価を上回る現象を「デッドクロス」と表現したことに世論調査専門家であるチョン・ハヌル博士が提起した疑問だ。下落傾向を意味する証券用語を借りたものであるうえに、そのような現象が現れたといっても「デッド(死)」と受け止めるほどなのかということだ。彼は反例も挙げた。金泳三(キム・ヨンサム)元大統領と李明博(イ・ミョンバク)元大統領時代に「特に、李元大統領時代における支持率の回復過程は国政支持率の管理で重要な事例研究の対象」と話した。

  実際、時間は記憶のディテールを消したりもする。大統領の支持率と時間の関数も例外ではない。下り坂と記憶する人がほどんどだ。しかし、チョン博士の言葉通りに李元大統領の場合は独特だった。リサーチアンドリサーチの月別調査を見ると、支持率が執権2年目である2009年中盤から大きく上がり、4年目である2011年3月まで強勢だった。就任後2番目に高い支持率(54.3%)を記録したのは2年目である2009年10月だった。

  言葉通りに危機を機会にしたわけだ。4・29再選挙・補欠選挙での惨敗と盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の死去政局で体感された冷たい世論に青瓦台が反応した。いわゆる「根源的処方」→中道実用→親庶民の歩みだ。韓半島(朝鮮半島)大運河をやめると発表し、青瓦台を改編し、野党圏の大統領選候補〔鄭雲燦(チョン・ウンチャン)〕を首相として迎え入れた。競争者〔朴槿恵(パク・クネ)〕にも手を差し出した。

  当時、大統領と単独面談したという議員が結構いた。また、このような経験も共有されたりした。

  「院内代表が『青瓦台は民心をよく分かっていないようだ』として大統領秘書室長に党の戦略報告書を直接渡すように指示した。普段は2枚だが、10枚分量で作成した。なぜ嫌われるのか悪口をたくさん書いた。室長が大統領に報告したとして『大いに役に立った』と話した」(イ・ミョンギュ党戦略企画本部長)

  「大統領に内外部2つの報告書が伝えられた。内容は同じだった。理念を0(進歩)から10(保守)とした時、大統領選挙の時は5.2と見なされたが、今は保守右傾化して7という趣旨だった」(与党要人)

  大統領には責任感だけでなく反応性も重要だ。ある知人が最近流行っている冗談だといって送ってきた文面だ。青瓦台の裏山が「積弊清算」、そこの寺と仏様が「民間人不法査察」「ダブルスタンダード」、青瓦台内飲用水が「不純物」…。権力は愛情、または恐れの対象になる場合にも軽蔑されたり嫌われたりすることを警戒しなければならず、時には果敢に振る舞うべきだというマキャヴェッリの助言は今でも有効だ。青瓦台にはそれほど時間が多くない。

  コ・ジョンエ/探査報道部門エディター
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事