【写真】日本人所蔵の百済金銅観音像、111年ぶりの故国帰還なるか

【写真】日本人所蔵の百済金銅観音像、111年ぶりの故国帰還なるか

2018年07月30日07時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
29日、東京都内のホテルでマスコミに公開された百済金銅観音菩薩立像。
  1907年に忠清南道扶余(チュンチョンナムド・プヨ)から出土した後、日本に搬出された百済金銅観音菩薩立像が29日、東京都内のホテルでマスコミに公開された。7世紀百済を代表する菩薩像とされている。

  韓国の文化遺産回復財団等は所蔵主の日本人と接触し、像の還収を推進している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事