日本映画『万引き家族』はどのようにしてパルムドールを受賞したか

日本映画『万引き家族』はどのようにしてパルムドールを受賞したか

2018年05月21日10時07分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
是枝裕和監督
  第71回カンヌ国際映画祭のパルムドールは是枝裕和監督の『万引き家族(Shoplifters)』が受賞した。カンヌの愛情を受けながら長い期間挑戦した末の結実だ。

  カンヌ映画祭最高栄誉のパルムドールを受賞した『万引き家族』は、万引きで生計を立てている家族が5歳の少女を家族として受け入れたことから始まる物語を描いている。タイトルの「万引き」は物を買うふりをしながら盗む泥棒を意味する。リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、樹木希林が熱演を見せている。

  『万引き家族』はカンヌ映画祭期間中、注目されていた作品の一つだ。上映後、8分間のスタンディングオベーションを受け、多くの観客の涙腺を刺激した。評点も良かった。Screen Daily(スクリーンデイリー)」の評点は歴代最高評点を更新した韓国映画『Burning』(イ・チャンドン監督)の3.8点(4.0満点)に続いて3.2点を記録した。

  今年のカンヌはいつも以上にアジア映画に対する関心が高かった。韓国・日本・中国などアジア3カ国の映画がすべてコンペティション部門に正式出品されるなど、コンペ部門に入った21本の作品のうちアジア映画だけ8本にもなった。

  是枝監督は、韓国のイチャンドンやパク・チャヌク、ホン・サンス監督に劣らないほどカンヌが愛する監督として有名だ。日本の「カンヌの男」と呼ばれる彼は、『DISTANCE』(2001)、『誰も知らない』(2004)、『そして父になる』(2013)、『海街diary』(2015)、『万引き家族』(2018)までコンペ部門だけで5回出品され、いつかは受賞するだろうと言われていたパルムドールを今回懐に抱くことになった。

  日本映画がパルムドールを受賞したのは、1997年今村昌平監督の『うなぎ』以来21年ぶりだ。

  枝監督は『誰も知らない』を通じて柳楽優弥が主演男優賞を、『そして父になる』で審査委員賞を受賞したことに続き、パルムドールまで手にし、世界的な舞台の最高の位置に堂々と立った。

  『万引き家族』はあたたかい家族映画の最前線にある作品だ。是枝監督の得意技が光を放っている。今回の映画では、家族を形作っているものが「血」なのか、それとも一緒に過ごした「時間」なのかを問う。親から捨てられた女の子、夫の暴力に苦しめられる妻、売春で生きていく若い女性と、社会的貧富の格差とセーフティネットの不在に対するメッセージも映画に溶かし込んだ。

  是枝監督は、数年前に日本社会で大きな波紋を呼んだ年金詐欺事件と、これに対する大衆の反応を通じて『万引き家族』の基本的な骨組みを考えた。「死んだ親の年金をもらい続けるために死亡届を出さなかった事件」に、日本人はもしかしたら軽犯罪とみてもよさそうなこの事件に大いに怒った。

  日本は過去5年間の経済不況で階層間の両極化が深刻化し、政府までもが貧困層を失敗者の烙印を押している。貧困が個人の責任にされることで共同体文化は崩壊し、家族も崩壊しているというのが実情だ。是枝監督は家族という最も小さな社会の垣根を通じて家族を、そして日本を語り、さらに進んで世界が悩むべき問題をえぐってみせた。映画の存在価値と影響力、監督のカラーをすべてが落とし込まれた『万引き家族』のパルムドール受賞を誰もが認める理由だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事