国際動物保護団体、韓国の犬農場から149頭の犬を救出

国際動物保護団体、韓国の犬農場から149頭の犬を救出

2017年07月23日11時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
国際動物保護団体ヒューメインソサエティーインターナショナル(HSI)は20日、忠清南道礼山の犬農場で処理される危機に置かれた犬149頭を救助した。(写真=HSI)
  伏日(7月22日、8月11日)を控えて食肉処理される危機に置かれた犬農場の子犬149頭が海外の動物愛護団体の助けで命を救われた。

  国際動物保護団体ヒューメインソサエティーインターナショナル(HSI)は20日、忠清南道礼山(チュンチョンナムド・イェサン)の犬農場の犬を救ったと伝えた。

  救出された犬は生まれたばかりの子犬を含め149頭。これらの犬は伏日を迎え全国各地の犬肉卸売商に売られる運命だった。

  だが農場主が自発的に農場を閉鎖しHSIに助けを要請したことで救助された。

  農場で救助された149頭の犬は米国の保護所に移され新しい家族を見つける予定だ。このうち生まれたばかりの14頭の子犬は飛行機に乗せることができず、しばらく韓国国内で保護された後に米国に行くことになる。

  HSIは犬農場主が農場閉鎖後の生計維持のため他業種に転換できるよう支援している。HSIの支援により閉鎖した犬農場は2014年以降今回が9件目。この過程で1000頭ほど犬が救出されたという。

  HSI関係者は「過去よりも韓国で犬肉を食べる人は減っているが、依然として多くの人が犬肉が夏バテに良いという誤った信念を持っている。HSIは食用犬農場の閉鎖と救助活動と合わせ食用犬農場の実状を知らせるなど多様なキャンペーンを進めている」と話している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事