文大統領取材中だった韓国記者、中国側警護員に暴行される…韓国外交部「遺憾表明」

文大統領取材中だった韓国記者、中国側警護員に暴行される…韓国外交部「遺憾表明」

2017年12月14日16時08分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国の写真記者が14日午前、北京国家会議中心Bホールで開かれた「韓中経済・貿易パートナーシップ開幕式」からスタートアップ館に移動中だった文在寅大統領を取材していたところ、中国側警護員に一方的に暴行されて顔がひどく腫れている。(写真=青瓦台写真記者団)
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領の中国訪問の日程を取材していた韓国側カメラマンを中国側警護員が暴行した事件が発生したことを受け、外交部が中国政府に徹底した調査と対応措置を取ることを求めたと明らかにした。

  外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は14日、定例記者会見で「政府は本日、韓国側記者が取材の過程で負傷した不祥事が発生したことに対して非常に遺憾に思う。現場ですぐに救急措置が行われ、政府は中国政府に直ちに遺憾の意を示し、事件の真相に対する徹底した調査と必要な対応措置を取ることを強く求めた」と話した。

  魯報道官は韓国側の遺憾表明と要求に対して中国側がどのような反応を見せたのかに対しては「現場ともう少し確認をした後に説明する」と話した。

  また、外交部レベルで駐韓中国大使の招致やこれを含む強力な措置を検討しているかとの質問に対しては、「政府は中国政府に直ちに遺憾の意を伝えている。事件の真相に対する徹底した調査と必要な対応措置を取ることを強力に求めた」として用心深い立場を見せた。

  ただし、暴行事件に加担した中国側警護員が私設警護員なのか、中国北京市所属の公安なのかは確認されていない。外交部側でも「暴行の主体が公安でなく、別途の警護隊なのか確認する」と明らかにした。

  13日から3泊4日の日程で中国を国賓訪問している文大統領は14日午前、韓中経済貿易パートナーシップ開幕式に参加した。これを取材していた韓国側カメラマンを中国側警護員が暴行し、一部の記者が顔などを大きくけがして現場で救急措置を受けた後、治療を受けていることが分かった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事