韓経:「北朝鮮、世界の銀行ハッキングで2年間に1億ドル盗む」

韓経:「北朝鮮、世界の銀行ハッキングで2年間に1億ドル盗む」

2017年04月27日11時07分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮がこの2年間、世界各国の銀行をハッキングして1000億ウォン(約100億円)以上を盗み出したという主張があった。

  インターネットセキュリティー企業シマンテックは26日、こうした内容の報告書を公開した。報告書によると、バングラデシュ、ベトナム、エクアドル、ポーランド地域の銀行を攻撃するのに活用された悪性コードが有名ハッカー集団「ラザルス(Lazarus)」のコードと一致した。米連邦捜査局(FBI)は2014年、捜査を通じてラザルスの背後が北朝鮮だと明らかにしている。

  北朝鮮は国際決済ネットワーク(SWIFT)をハッキングした後、海外の口座で送金を受ける方法で、2015-16年の2年間に少なくとも9400万ドル(約1060億ウォン)以上を盗み出したと推定される。

  最も被害規模が大きかった事例はバングラデシュの銀行を狙ったサイバー攻撃だった。ハッカー集団はバングラデシュの銀行に1億100万ドルの送金を指示した。このうち2000万ドルはスリランカ、8100万ドルはフィリピンの銀行だった。スリランカでは現地銀行が不審な送金指示であることを感知して送金を中止させたが、フィリピンには実際に送金された。フィリピン金融当局が事後に介入して回収した金額は1500万ドルであり、残りの6600万ドルはハッカー集団に渡った。

  コンピューターに保存された資料を破壊すると脅迫し、金銭を要求するランサムウェアが急激に増えているという分析もあった。昨年申告されたランサムウェア被害は前年比36%増えた。データを「人質」にしてハッカー集団が要求する金額も増えている。昨年の要求額は平均122万ウォンで、前年(平均33万ウォン)の3倍を超える。ハッカーは使用者が分からない電子貨幣ビットコインを活用している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事