米国、最新鋭ステルス戦闘機F22を日本に、F117を韓国に配備

米国、最新鋭ステルス戦闘機F22を日本に、F117を韓国に配備

2007年01月10日19時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国空軍はレーダーに映らないステルス機能を持つ最先端戦闘機F22ラプター12機と将兵250人余を今月中に日本・沖縄の嘉手納基地に一時配備することにした。 ステルス機のF117戦闘機(別名ナイトホーク)に代わるF22ラプターが米国以外の地域に置かれるのは初めて。

   また米空軍は8日、ニューメキシコ州に基地がある第49戦闘飛行団所属のF117A飛行編隊と300人の将兵を韓国に送った。 F117編隊は今後4カ月間、韓国で戦争抑止力強化訓練などを行う計画だ。 優れた爆撃機能を備えたF22とF117の東アジア地域移動配備は、北朝鮮が2回目の核実験を準備中と観測される中で行われた。

   ヘスター米太平洋空軍司令官は8日、AP通信とのインタビューで、バージニア州ランリー基地のF22戦闘機が沖縄に配備され、在日米軍・日本自衛隊とともに訓練を行う、と明らかにした。 ヘスター司令官は「沖縄のF22は、太平洋の米軍が非常状況に直面した場合、直ちに対応できるすべての能力を備えている」と語った。

   韓半島軍事専門家のベクトル米海兵隊参謀大学教授は「F22が沖縄に行けば、そこから1000マイル(約1600キロ)しか離れていない北朝鮮の注意を引くことになるだろう」とし「F22の配備は、操縦士に訓練の機会を提供するだけでなく、北朝鮮に米国の戦争抑止力を認識させる役割も果たすはず」と分析した。

   F117機飛行編隊が韓国に配備されるのは03年以降4回目となる。 今回は3月に行われる韓米連合戦時増援演習(RSOI)に参加するという。 第49戦闘飛行団のフラー報道官は「太平洋での戦争抑止力向上訓練のためF117を韓国に送った」とし「操縦士と将兵は非常対応態勢を維持しながら前方地域で兵力と装備を移動する訓練などを行う」と明らかにした。 しかし「今回の配備は特別な軍事脅威のためではなく、北朝鮮とも関係がない」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事