水かけ騒動の大韓航空「ナッツ姫」妹、海外休暇からいつ帰国?

水かけ騒動の大韓航空「ナッツ姫」妹、海外休暇からいつ帰国?

2018年04月14日12時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
大韓航空のチョ・ヒョンミン専務
  「水かけ騒動」後に海外で休暇中のチョ・ヒョンミン大韓航空専務が検察に告発され、帰国時点に関心が集まっている。大韓航空はチョ専務の帰国が遅れる場合、世論がさらに悪化するとみて、早期帰国を勧めるという。

  チョ専務が大韓航空の広告を代行するA社との会議でA社職員に大声を上げながら水が入ったコップを投げたという内容のコメントが12日、インターネット匿名掲示板に掲載され、その後も広告界で追加の暴露が相次ぎ、波紋が広がっている。

  大韓航空側によると、チョ専務は今回の波紋が広がる前の12日午前、休暇を取って海外に出国した。チョ専務は出国当日、インスタグラムに機内で撮影した写真を載せた。公開された写真は機内で撮ったもので、大韓航空の子会社ジンエアーのパンフレットが写っている。13日のJTBCの報道によると、チョ専務は現在、東南アジアで休暇を過ごしているという。

  大韓航空の関係者は「もともと計画されていた休暇を使ったと把握している」と伝えた。しかし検察への告発や警察の内偵のため帰国を長期間遅らせるのは難しいとみられる。

  ソウル江西(カンソ)警察署は13日、「業務上の地位に関するパワーハラスメント行為に対しては地位の上下を問わず厳正に捜査する」とし「チョ専務に対する内偵着手を公式化し、キム・ジンスク民主党ソウル市長候補は同日午後、ソウル中央地検にチョ専務を特殊暴行などの容疑で告発した。

  内偵は正式捜査の前に法規を違反したかどうかを確認する段階。容疑があると把握されれば正式に立件する。警察はチョ専務の行動が暴行や業務妨害に該当するかどうかを検討している。事実関係の確認作業も続く。

  波紋が広がるとチョ専務の海外休暇に対する非難世論が強まり、近いうちに帰国するという見方が出ている。大韓航空の関係者は「一部の報道のようにチョ専務が水が入ったコップなどを直接投げたりはしなかったというのが会社の公式的な立場」と説明した。また「チョ専務が帰国をむやみに遅らせるのは難しいのでは」とし「近いうちに帰国すると予想される」と述べた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事