米メディア「多数の日本人、オバマの広島訪問を謝罪と受け止めるはず」

米メディア「多数の日本人、オバマの広島訪問を謝罪と受け止めるはず」

2016年05月11日11時52分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米ホワイトハウスはオバマ大統領が広島を訪問しても原爆投下に対する謝罪はしないという立場を明らかにしたが、米国メディアは「オバマ大統領の広島訪問自体が謝罪として映る」という見方を示した。

  日刊USAトゥデイは10日、「米国の大統領としては初めてとなるオバマ大統領の広島訪問は米日両首脳に政治的論争を招くだろう」とし「多くの日本人はオバマ大統領が原爆投下についてはっきりと謝罪することを期待していないという世論調査があるが、多数の日本人が訪問自体を謝罪と解釈する可能性が高い」と分析した。

  これに先立ちAP通信は「日本の原爆被害者は米国政府が核兵器の惨状について公式的に認めなければいけないと主張している」とし「米国ではこのような議論が謝罪として映る可能性があることを警戒している」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事