「北朝鮮急変」背後説に怒る中国…「問題は韓米政策にある」

「北朝鮮急変」背後説に怒る中国…「問題は韓米政策にある」

2018年05月21日08時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  トランプ米大統領が米朝首脳会談を中止する可能性にまで言及しながら態度を変えた北朝鮮の背後に中国がいると述べたことに対し、中国メディアは「幼稚な論理」と反発した。中国メディアは「北朝鮮の態度の急変は韓米の対北朝鮮政策に原因がある」とし、特に「米国は北朝鮮の変化に呼応せず、むしろ要求レベルを高めている」と指摘した。

  日刊環球時報は19日の社説で「北朝鮮の態度が急変したことについて米国と韓国は中国のせいにしている」として「自らの対北朝鮮政策にその原因を探そうとしない」と批判した。また「中国背後説」に対し、「両国の世論と政界は単純で幼稚な論理を追従しているだけ」とし「中国はこうした論理を全く理解できない」と主張した。続いて「北朝鮮が驚くほどの譲歩をする中でも米国は一方的に北朝鮮により大きな要求をしただけで、北朝鮮の譲歩に対して速かに呼応しなかった」と「米国は北朝鮮に核兵器と長距離ミサイルの迅速な搬出などさらに『大きな贈り物』を要求した」と指摘した。

  英字紙グローバルタイムズも論評で「たとえ商売をするとしてもこのように簡単に物を売買することはできない」と、米国と韓国の対北朝鮮政策を批判した。同紙は「中国は韓半島(朝鮮半島)の非核化と永久的な平和のためには段階的かつ同時的な方式を推進すべきだと主張した。このような方式だけが実現可能であり、持続性を持って推進していくことができる」と主張した。続いて「米国は北朝鮮がまず迅速かつ一方的に核を放棄すれば、その後に見返りを与えようとしている。このような方式に中国は反対するわけではないが、実現の可能性はない」と指摘した。

  同紙は韓国も問題があるとし、「自らの良心に照らして北朝鮮のこうした行動が合理的かどうかを考える必要がある」とし「米国が圧力を続ければ北朝鮮が不満を表すのは予想可能なことだ」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事