45億ウォン収益上げた平昌ロングダウンコート…五輪グッズ、収益も「グッド」(1)

45億ウォン収益上げた平昌ロングダウンコート…五輪グッズ、収益も「グッド」(1)

2017年12月14日15時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ロッテ百貨店蚕室店平昌ポップアップストアの前で平昌ロングダウンコートを購入した人々が歓呼する姿。平昌ロングダウンコートは限定生産した3万枚が売り切れた。
  最近、道を歩いていると「Passion.Connected.」という文面が書かれた服を着た若者たちをたびたび目にする。この文面は平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)の英文スローガンで、「一つになった情熱」という意味だ。この文面を使った「平昌ロングダウンコート」はしばらくポータルサイト検索語順位1位に上るほど、熱い人気を呼んだ。この製品は平昌冬季五輪組織委員会(以下平昌組織委)から平昌五輪総括ライセンス事業権を獲得したロッテが作ったものだ。

  グースダウン(ガチョウ毛の充電材)製品である平昌ロングダウンコートの価格は14万9000ウォン(約1万5400円)。品質は良いが価格が安いという口コミが広がり、限定版として出たロングダウンコートを買うために数千人が百貨店の前で夜を明かす珍しい風景が現れた。引き続き、天然牛革で製作された平昌スニーカー(5万ウォン)も平昌ロングダウンコートに次ぐ人気を呼んだ。1日に予約販売を始めた後、一週間の予約者数12万人、予約数量20万足を記録した。ロッテはロングダウンコートとスニーカーに続き、平昌五輪開幕直前である来年初めには「平昌バックパック」も準備している。

  昨年3月、ロッテは平昌五輪とパラリンピック、テストイベント、大韓スキー協会などに計600億ウォンを支援する条件でライセンス事業権を獲得した。その後、ロッテ百貨店は内部のタスクフォース(TF)チームを構成してロングダウンコートとスニーカーを開発した。その結果、この会社は平昌ロングダウンコートだけで45億ウォンの売り上げを上げた。スニーカーはこれより2倍も多い売り上げを期待している。ロッテグループ関係者は「積極的なマーケティングを通じて五輪が終わった後にも世界に我がグループが広報されることを期待している」と明らかにした。

  平昌五輪のマーケティングが活発化し、「アンブッシュマーケティング(公式スポンサーでない企業などが間接的に自社の広告や販促活動をすること)」も頭をもたげている。平昌組織委は最近、「フィギュアの女王」キム・ヨナとスケルトン国家代表ユン・ソンビンを前面に出して広告を製作したSKテレコムに放映中断を要求した。スピードスケート国家代表キム・ボルムを出演させたアウトドア衣類ブランのNEPA(ネパ)を相手にも同じ措置を取った。平昌組織委のリュ・チョルホ法務担当官は「SKテレコムとNEPAは平昌五輪の公式スポンサーではない。ところで広告内容に平昌五輪を暗示する部分が相当部分入っている。明らかに公式スポンサーの広告権利を侵害する事例」と指摘した。現在の平昌五輪の通信分野の公式スポンサーはKT、スポーツ衣類部門の公式スポンサーはヨンウォン・アウトドアだ。

45億ウォン収益上げた平昌ロングダウンコート…五輪グッズ、収益も「グッド」(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事