<女子サッカー>韓国、ベトナムに大勝も4強ならず…W杯出場かけてフィリピンと対戦へ

<女子サッカー>韓国、ベトナムに大勝も4強ならず…W杯出場かけてフィリピンと対戦へ

2018年04月14日09時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サッカー女子韓国代表がグループリーグ最終戦でベトナムに大勝しながらもアジアカップ4強を逃した。2019年フランス女子ワールドカップ(W杯)への直行チケットを獲得するのに失敗したが、本大会進出の可能性は残っている。

  ユン・ドクヨ監督が率いる韓国代表は13日午後10時45分(日本時間)、ヨルダンで2018アジアサッカー連盟(AFC)女子アジアカップB組第3戦に臨み、ベトナムに4-0で勝った。

  韓国は序盤から主導権を握ってベトナムを攻めた。前半14分にチョ・ソヒョン、38分にイ・グムミンがゴールを決め、2-0で前半を折り返した。後半に入っても韓国の攻勢は続き、後半4分、28分に得点を追加して4-0で試合を終えた。

  しかし同じ時間に行われたB組の日本-豪州が1-1で引き分け、韓国を含む3チームが1勝2分け(勝ち点5)で並んだが、韓国は豪州と日本に得点で下回り組3位となった。

  しかしW杯本大会進出の可能性は残っている。組2位にまで与えられるW杯直行チケットを逃した韓国は16日、A組3位フィリピンと残り1枚のチケットをかけて対戦する。フィリピンは国際サッカー連盟(FIFA)ランキング72位であり、韓国の2大会連続のW杯進出は無難と予想される。しかし1点差でW杯直行チケットとアジアカップ4強を逃した点は惜しまれる。今大会では5位にまでW杯本大会出場権が与えられる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事