韓経:OECD、韓国の成長見通しだけ3.0%を維持

韓経:OECD、韓国の成長見通しだけ3.0%を維持

2018年03月14日10時40分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  経済協力開発機構(OECD)が今年の主要国の経済成長見通しを一斉に引き上げながらも韓国に対してだけは既存の見通しを維持した。

  OECDは13日に発表した「2018年中間経済見通し」で、今年の世界経済成長見通しを3.9%と提示した。昨年11月の見通し3.7%に比べて0.2ポイント引き上げた。

  OECDは「世界経済は投資拡大、貿易反騰、雇用好調などで成長の流れが昨年11月の見通しより強化されるだろう。先進国と新興国の成長環境が等しく改善されるだろう」と予想する。OECDは主要20カ国(G20)の経済成長見通しは3.9%から4.1%に、ユーロ圏(ユーロ使用19カ国)は2.1%から2.3%にそれぞれ上げた。

  米国は2.5%から2.9%に0.4ポイント上げた。OECDは「米国は税制改編、政府支出拡大などで2018~2019年の国内総生産(GDP)増加率が0.5~0.75ポイント高まるだろう」と予想した。日本に対しても追加補正予算編成効果、アジア市場への輸出増加などを理由に1.2%から1.5%に上げた。

  韓国は最低賃金引き上げ、福祉支出拡大にともなう家計所得拡充などを肯定的な要因に挙げながらも見通しは3.0%をそのまま維持した。

  OECDは「財政政策を生産性向上、投資促進、包容的成長拡大という中期的な観点で運用する必要がある」と勧告した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事