あか抜けた元山葛麻空港、金剛山での離散家族再会の道開くか

あか抜けた元山葛麻空港、金剛山での離散家族再会の道開くか

2015年10月27日13時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の葛麻(カルマ)空港が驚くほど変身しました。文字通り「あか抜けた」近代的な国際空港水準に発展したものです。来月正式に開港する予定と言いますが、すでに訪問客が撮った写真が公開されるなどうわさが広がっています。滑走路の長さを2050メートルから3500メートルに増やし、駐機施設も拡張して12機の航空機が同時に待機できるといいます。香港の専門業者が工事を担当したが、2億ドルの費用がかかったそうです。

  葛麻空港は江原道元山市(カンウォンド・ウォンサンシ)の葛麻半島に位置します。長さ6キロメートルに幅平均1キロメートルの葛麻半島は明沙十里海岸とつながっています。新しい空港の映像を見て私は急激な変化という話を実感しました。17年前の初めての訪問時とがらりと変わったためです。

  当時私は平壌(ピョンヤン)の順安(スンアン)空港から高麗(コリョ)航空の小型プロペラ機に乗って葛麻空港に降りたのですが、着陸するやいなや滑走路の真ん中で急にエンジンを止めてしまったため戸惑いました。ところが古い軍用ジープが近づくと飛行機のランディングギアをロープで縛って引っ張り始めました。航空機燃料を節約しようとしたそうです。あちこちにミグ19とミグ21などが配置されている軍用空港でした。

  ところで昨年7月に金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の指示により民間機も利用する国際空港に変貌するのです。葛麻空港の近代化は2年前に北朝鮮が元山・金剛山(クムガンサン)国際観光地帯の青写真を明らかにして提示されました。元山に国際空港とホテルなどを建設し、金剛山だけでなく馬息嶺(マシクリョン)スキー場に海外観光客を誘致するという計画でしょう。

  北朝鮮は金正恩執権後に19カ所の経済開発区を提示し海外資本を誘致しようとしました。しかし実績がほとんどない状況になると、元山など核心地帯に北朝鮮の資金で設備投資を始めたのです。

  葛麻空港が投資最優先順位に選ばれたのは金正恩第1書記の元山への格別な思いのためです。金正恩の生母高英姫(コ・ヨンヒ、2004年死去)は北送在日同胞出身です。1960年代初めに新潟から万景峰(マンギョンボン)号に乗って初めて到着したところがまさに元山でした。金正恩が元山で生まれたという説とともに高英姫が「元山宅」と呼ばれたという情報もあるほどです。金剛山での離散家族再会との連係の可能性も注目されています。ソウル・金浦(キンポ)空港から飛行機でわずか20分の距離の上、金剛山離散家族面会所と国道7号線につながり便利なためです。面会所に行く空の道が開かれればアクセス性が高まり、再会規模拡大や定例化に弾みが付くだろうという観測も出てきます。

  航空便を利用して観光特区を作ろうとする北朝鮮の構想は元山だけにとどまりそうにはありません。すでに白頭山(ペクトゥサン)と隣接した両江道の三池淵(ヤンガンド・サムジヨン)と咸鏡北道漁郎郡(ハムギョンブクド・オラングン)に空港を作る計画が着手段階であるとされています。三池淵飛行場は来年10月の完工を目標に工事が始まったといいます。漁郎飛行場の場合、七宝山(チルボサン)観光を念頭に置いたともいいます。「朝鮮半島のグランドキャニオン」と呼ばれるほど七宝山は景色が優れています。平壌と地方の4空港を拠点に観光特区を稼動するという金正恩の野心にあふれたプロジェクトが成功するのか見守りたいところです。

  イ・ヨンジョン統一専門記者兼統一文化研究所副所長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事