「安倍謝罪するまで死ねない」最後の西洋人慰安婦

「安倍謝罪するまで死ねない」最後の西洋人慰安婦

2019年09月12日11時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
若かりし日のオハーンさん
  英国の時事週刊誌エコノミストのお悔やみ欄は最近永眠した人々から世界的な共鳴を持つ人物を選び、集中的にスポットを当てている。最新号(9月7日~13日)が手がけたのはオランダ系オーストラリア人のジャン・ラフ・オハーンさん(1923~2019)だ。日本軍に拉致され、インドネシアで3カ月間「慰安婦」として強制収容されていた女性だ。これまで、知られている欧州系慰安婦被害者の唯一の生存者だった。

  オハーンさんは生前「日本の安倍晋三首相の謝罪を受けるまでは絶対に死にたくない」と話したが、その願いは叶わなかった。オハーンさんは先月19日、オーストラリア・アデレードの自宅で96歳で老衰により息を引き取った。

  過去を隠し、平凡な主婦であり2人の娘の母親として暮らしていたオハーンさんは、1991年に故金学順(キム・ハクスン)さんが最初に慰安婦の事実を公開し証言したのを偶然目にしてから勇気を出した。翌年オーストラリアのメディアに自分の被害事実を知らせ、その後米国・欧州・日本などで証言活動を行った。韓国の慰安婦被害者とも活発に交流した。自叙伝『オランダ人「慰安婦」ジャンの物語(Fifty Years of Silence)』は6つの言語に翻訳された。

  エコノミストは、オハーンさんがインドネシアの日本軍慰安所で経験したことも詳細に紹介した。オランダ領インドネシア・ジャワ島の裕福な貿易商の娘として生まれたオハーンさんは、修道女になるために勉強中だった。そして42年に日本軍がインドネシアを侵略し、2年後の44年に拉致された。当時21歳だった。

  エコノミストはオハーンさんと6人のオランダ系の女性が「(インドネシア)スマランの日本軍の娼家(brothel)に連れて行かれた」と表現した。

  「慰安婦」という表現の代わりに日本軍の性奴隷として引かれて行ったことを強調したものだ。オハーンさんは「慰安婦(comfort woman)」という言葉を嫌悪したという。「日本軍を慰安する役割というこの言葉に侮辱を感じたからだ」とエコノミストは伝えた。

  エコノミストは「泣き叫び悲鳴を上げて抵抗するオハーンに日本軍はナイフを突きつけて服を裂き、強姦した(raping)」と伝えた。オハーンさんは後に自ら剃髪したが、日本軍がそんな自分のところに来ないだろうと考えたからだったという。

  スマラン慰安所での歳月は、オハーンさんに一生の傷を残した。慰安所の部屋ごとに花の名前がついていたことからオハーンさんは生涯、花のプレゼントを最も嫌い、暗くなる頃になると不安がる症状を見せた。すべての部屋で厚手のカーテンを閉め、完全に昼夜の区別ができないようにしたほどだった。

  戦争は日本の敗北に終わり、オハーンさんも自由の身となった。60年にイギリス人将校のトム・ラフさんと結婚し、オーストラリアに移った。スマランでの悪夢は夫にだけ一度話し、その後は秘密にしたという。最初は子供も産まないつもりだったが、夫に慰められ心を癒しながら家族も設けた。

  スマランに関するものは白いハンカチだけ残して処分した。そのハンカチには一緒にスマランに連れて行かれたオランダ系女性たちの名前が書かれている。「ミエフ、ゲルダ、エルス、アニー、ベティ、ライス」。オハーンさんはこのハンカチを大切に畳んでドレッサーの中の引き出しに保管した。2人の娘がいたずらしてハンカチに触ろうとすると厳しく叱ったという。

  2人の娘は、慈愛に満ちた母がなぜハンカチにとりわけ敏感だったのか92年にようやく知った。金学順さんの告白に勇気を得てオハーンさんもスマランの悪夢を打ち明けたことからだ。家族はオハーンさんを慰めた。孫娘のルビー・チャレンジャーさんは昨年スマランで祖母が体験したことを扱った短編ドキュメンタリー『デイリーブレッド(原題)』を製作した。自ら出演したこの作品ではチャレンジャーさんはスマラン慰安婦収容所に閉じ込められたオランダ人女性が虐待や飢餓などの苦難の中でも希望を失わずに生き残る姿を描いた。

  オハーンさんが書いた自叙伝の韓国語版の表紙にはオハーンさんとキル・ウォノクさん(92)など韓国人慰安婦被害者らが手を握って微笑む写真が載っている。「日本軍性奴隷制」の問題を扱う定義記憶連帯によると、キル・ウォノクさんら被害者の健康状態はあまり良くないという。

  正義記憶連帯の関係者は11日、電話取材で「オハーンさんは(慰安婦問題が)東アジアに限った事案ではなく人類普遍の人権問題であることを国際社会が認識するために大きな役割を果たした」とし「故人が経験した大きな痛みを忘れない」と追悼の意を明らかにした。

  国内では今年に入って1月にキム・ボクドンさん、3月にクァク・イェナムさんなど5人の被害者が亡くなった。これにより、政府に登録された慰安婦被害者のうち生存者は20人に減った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 若かりし日のオハーンさん
  • オハーンさんの自叙伝