「米国が出てきて韓国を困らせた」…30代の韓国系カナダ男性、米大使館に火炎瓶を投げ入れ

「米国が出てきて韓国を困らせた」…30代の韓国系カナダ男性、米大使館に火炎瓶を投げ入れ

2018年02月12日14時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  駐韓米国大使観に向かって火炎瓶を投げようとしていた30代の男性が警察に捕まった。

  ソウル鍾路(チョンノ)警察署は韓国系カナダ人のA(33)を火炎瓶使用などの処罰に関する法律違反容疑で逮捕したと12日、明らかにした。

  Aは11日午後7時ごろ、自ら製造した火炎瓶を米大使館方面に向かって投げようとしたが、近くの道路に落ちた。Aは1本目の火炎瓶に火を付けている内にカバンに入っていた残りの9本の火炎瓶にも火がついたのを発見し、カバンごと道路に向かって投げた。

  現行犯で逮捕されたAは取り調べの中で「米国が出てきて韓国を苦しめている」と述べた。また、Aの家族はAが精神病の治療のため韓国に帰国して入院したことがあると明らかにした。

  警察関係者は「具体的な犯行の動機や精神科治療歴などを確認した後に、拘束令状申請について決める方針」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事