<アジア大会>韓国とのサッカー準決勝控えたベトナム、遠征応援のために特別機も

<アジア大会>韓国とのサッカー準決勝控えたベトナム、遠征応援のために特別機も

2018年08月29日14時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「朴恒緒(パク・ハンソ)チームを応援しよう」

  2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会男子サッカー準決勝ベトナム対韓国を控え、ベトナム現地でサッカーの熱気が高まっている。

  朴恒緒監督が率いるベトナムU-23(23歳以下)サッカー代表チームは29日(日本時間)午後6時、インドネシア・ボゴール県チビノン郡パカンサリスタジアムで韓国と4強戦を控えている。

  試合はベトナム現地時間で午後4時のキックオフだ。多くのベトナム企業と工場が自国サッカー代表チームを応援するために1~2時間短縮勤務をすることが分かった。

  2002年韓日ワールドカップ(W杯)当時、大韓民国が光化門(クァンファムン)を赤く染めたように、9000万人のベトナム国民は街頭に繰り出して団体応援を繰り広げる見通しだ。

  インドネシア現地で準決勝を直接観戦したいというサッカーファンが増え、ベトナム航空はこの日特別機3便を飛ばした。

  この他、ベトナム文化体育観光省とベトナムサッカー協会、ベトナム企業はベスト4進出の報奨金約1億ウォン(約1003万円)を出した。ベトナム現地ではフォー一皿が1500ウォンで、ベトナムの昨年1人当たりの国内総生産(GDP)が2385ドル(264万ウォン)である点を勘案すると少なくない額だ。

  ベトナムファンはSNSに「今日、また、朴恒緒マジックが起きるだろう」という書き込みを残して朴監督を応援している。

  ベトナム海外同胞とベトナムを訪れた韓国人観光客も朴恒緒効果を享受している。ある観光客はSNSに「食堂で、朴恒緒の国から来たと言ったらドリンクを無料でくれた」というコメントを載せた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事