韓国、経常黒字で「ウォン高」危機(1)

韓国、経常黒字で「ウォン高」危機(1)

2013年11月21日09時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
1ドル=1057.9ウォンと、今年最高値に迫っている。
  経常黒字の過去最高更新が続く中、招かれざる客までが訪ねてきた。ウォン高だ。韓国ウォンが急速に値上がりし、市場の懸念が強まっている。20日、韓国ウォンは米ドルに対し1.5ウォン値下がりし、1ドル=1057.9ウォンで取引を終えた。13日から1週間続いたウォン高ドル安がひとまずストップした。しかし6月24日(1161.4ウォン)に比べ、韓国ウォンは10%近く値上がりしている。韓国ウォンの今年の最高値となった1月11日(終値基準1054.7ウォン)に近い。

  ◆6月以降の通貨高は世界2位

  最近の急激なウォン高は国際金融市場に見られる「ドル安+エマージング通貨高」の影響を受けている。米国の量的緩和縮小(テーパリング)は当分ないという見方が強まりながら表れた現象だ。その中でもウォン高の速度は目を引く。国際決済銀行(BIS)が為替レートを集計する61通貨のうちウォンの上昇率(6-10月)は8.3%と、ポーランドに次いで2番目に高い。景気回復傾向が見えるユーロ(5%)よりも速い。

  ウォン高の最大の理由は、韓国の莫大な経常黒字で外貨供給が増えている点だ。今年1-9月の経常黒字は488億ドルで、昨年1年間の黒字額(431億ドル)をすでに超えた。年間では過去最大の660億ドルに達する見込みだ。

  大規模な経常黒字は最近始まったことではない。通貨危機以降、経常黒字が固まり、規模も膨らんでいる。一方、韓国ウォンの方向性は定まっていなかった。昨年は1.7%のウォン安ドル高となった。米国と欧州の金融不安などで資本の流れが不安定だったからだ。今年上半期もウォン高の予想を覆し、北核リスク、キプロス事態のため外国人資金が流出し、ウォン安となった。しかし7月以降は方向性が明確になった。金融市場が安定を取り戻した中、韓国市場の魅力が浮き彫りになり、ウォン高は急速に進んでいる。

  ◆今年の黒字660億ドル…過去最大

  ウォン高はしばらく停滞する可能性がある。まず政府が市場状況に注視している。19日にはスムージングオペレーション(微細調整)に動いたという。20日にも公企業を動員したドル買いがあったと市場はみている。

韓国、経常黒字で「ウォン高」危機(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事