北朝鮮軍のAK銃弾、JSA南側の木に撃ち込まれた

北朝鮮軍のAK銃弾、JSA南側の木に撃ち込まれた

2017年11月17日09時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  13日午後、北朝鮮軍が板門店(パンムンジョム)共同警備区域(JSA)を通した亡命を防ぐ過程で発射した銃弾が南側地域まで飛んできたことが明らかになった。

  16日、複数の軍消息筋によると、事件発生後に国連軍司令部の軍事停戦委員会(軍停委)の現場調査結果、北朝鮮軍が使う拳銃と自動小銃の銃弾がJSA南側地域の警備所近くの木に撃ち込まれていたことが確認された。軍事境界線(MDL)から南に20~30メートル離れているところだ。当時4人の北朝鮮軍追撃組が拳銃とAK自動小銃で約40発を亡命した北朝鮮軍に向かって照準射撃した。

  停戦協定は非武装地帯で敵対行為を禁止している。国連司令部は被弾の痕跡を写真で撮影して北朝鮮軍が停戦協定を違反した事実を立証する証拠資料として使う予定だ。宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は14日、国会国防委員会で「北朝鮮軍の銃弾が最終的な被弾地域が韓国側なのか」という質問に「そうだ」と答えた。しかし、合同参謀本部関係者は同日「被弾の痕跡が見つかったと長官に報告したことがない」と明らかにして問題になった。

  国連司令部側は北朝鮮軍追撃組の一部がMDLを越えた情況も確保した。JSA南側地域の閉回路テレビ(CCTV)の録画映像によると、亡命した北朝鮮軍を追撃する北朝鮮兵士が銃を発射しながら走って突然止まった場面が出てくる。この北朝鮮兵士はしばらく躊躇して直ちに北に戻った。JSA内で軍政委ビル周辺にはコンクリートで建てられたMDL境界があるが、その以外の地域はMDLが別に引かれていない。だが、軍政委ビルがMDLを中心に南北が同じ面積で建てられているため、肉眼でMDLの推定が可能だ。

  匿名を要求する軍消息筋は「この北朝鮮兵士が自身がMDLを越えたことを分かった後、慌てたと判断している」と説明した。

  国連司令部側はさらなる調査を通じて北朝鮮軍追撃組の位置を確認する計画だ。また、北朝鮮軍がAK自動小銃を持ってうつぶせて亡命北朝鮮軍を照準射撃する姿が映像で確保されたという。

  国連司令部は停戦協定の違反が確定すれば、軍政委を通じて北朝鮮に厳重に抗議する方針や軍政委が名ばかりの状態であるうえに、国連司令部-北朝鮮軍将軍級会談も稼動せず抗議するルートがない状況だ。

  一方、国家情報院は、亡命した北朝鮮軍がJSAに勤めていた20代半ばの下賜級だと国会情報委に報告したと、共に民主党幹事であるキム・ビョンギ議員が16日、伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事