冬のK-POP界はガールズパワーさく裂…少女時代テヨン・TWICEらがチャート掌握

冬のK-POP界はガールズパワーさく裂…少女時代テヨン・TWICEらがチャート掌握

2017年12月14日14時53分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
左から少女時代のテヨン、ソユ、TWICE
  2017冬のK-POP界は女性歌手が音源チャートを掌握している。

  少女時代のテヨン、TWICE(トゥワイス)、元SISTAR(シスター)のソユ、ソロ歌手ジアら女性陣が主要音源チャートの上位を占めている。14日午前8時基準で、音源サイトのメロン・Mnetの1位はTWICE、Bugs!(バグズ)の1位はソユ、オーレミュージック・Genie(ジニー)ミュージックの1位はテヨン、ソリバダ1位はジアだ。互いにジャンルも音楽的カラーも違うが、女性歌手という共通点がある。

  テヨンはクリスマスを攻略した『This Christmas』で人気だ。ソユとTWICEはそれぞれ『The Night』と『Heart Shaker』でランキング上位を記録している。ジアは新曲『Dear. My Fool』でストリーミング累積数を稼いでいる。

  男性歌手ナオルの『Emptiness In Memory』がチャート上位圏を維持しているが、この日1位には届かなかった。女性歌手の強さがを発揮する中、ネイバーミュージックではSHINee(シャイニー)のテミンが『Day and Night』で1位を占めた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事