韓国外交長官、韓中国交正常化25周年行事に出席せずロシア訪問へ

韓国外交長官、韓中国交正常化25周年行事に出席せずロシア訪問へ

2017年08月22日08時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
康京和外交部長官(写真=中央フォト)
  高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題をめぐる韓中間の葛藤が解けない中、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が24日開催予定の韓中国交正常化25周年記念行事に出席せずロシアを訪問する方向を定めた。

  外交部当局者は21日、記者らに対し、「韓中関係の重要性を勘案し、在韓中国大使館が開く国交正常化記念レセプションへの出席者を検討している」と述べた。しかし複数の外交消息筋によると、康長官は在韓中国大使館が24日にソウル市内のホテルで主催するレセプションに出席しないことを暫定的に決めたという。

  康長官はその代わり24日午後にロシアに向けて出国する。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の9月初めの東方経済フォーラム(露ウラジオストク開催)出席を控え、24、25日にモスクワを訪問し、ラブロフ露外相と会談する予定だ。

  現在のところ、在中韓国大使館が中国・北京のホテルで開催する国交正常化記念行事に中国の王毅外相も出席しない可能性が高い。閣僚級が出席するという報道もあったが、まだ韓国政府は公式的に通知された内容はないという。

  5年前の20周年記念行事と比較すると、両国の外相が相手国の国交正常化記念行事に出席しないのはTHAAD問題で悪化した韓中関係の現状を端的に見せている。2012年にソウルのホテルで開かれた在韓中国大使館の国交正常化記念レセプションには金星煥(キム・ソンファン)外交通商部長官が出席した。金長官は張シン森駐韓中国大使と腕を交差させながらワインの「ラブショット」をし、和気あいあいとした雰囲気を演出した。

  当時、中国では韓中政府が共同で記念行事を開いた。場所はホテルから級を高めた人民大会堂であり、当時の習近平国家副主席が登場し、両国の将来を祝った。当時、習主席は総書記選任を3カ月後に控えていた時期であったため、なおさら注目を引いた。

  今回の国交正常化25周年記念日を控え、一部では「韓日国交正常化50周年記念日モデル」がまた稼働するのではという推測も出ているが、現在のところ実現の可能性は低い。安倍政権の歴史歪曲挑発で韓日関係が悪化した2015年、両国は国交正常化記念日(6月22日)を関係改善のきっかけにした。当時、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は記念日の前日に日本を電撃訪問し、安倍晋三首相に朴槿恵(パク・クネ)大統領のメッセージを伝えた。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事