【社説】国民を惨めにさせる青瓦台の無能と無感覚

【社説】国民を惨めにさせる青瓦台の無能と無感覚

2013年05月13日16時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  尹昶重(ユン・チャンジュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官のセクハラ疑惑に対して11日、あきれる国の恥さらしだと表現したが、その後に見せた青瓦台の態度もこれに劣らない。尹前報道官の“途中帰国”をめぐり青瓦台参謀の間で真実攻防があり、下手な対国民謝罪をしたことで39時間後に再度謝罪するということもあった。尹前報道官の個人的な不正が問題だったなら、今は青瓦台の集団的無能と無感覚が問題になっている。

  まず青瓦台の安易な状況認識だ。今回の事件は朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米成果を圧倒する、政治的揮発性が大きかった。国際的にもさんざん恥をかいた。積極的な危機管理が必要だったということだ。青瓦台は中央日報が10日付でセクハラ疑惑を報道するまで何とか隠そうとしていた。この過程で「尹報道官が李南基(イ・ナムギ)広報首席に電話をかけ、『家に急用ができて韓国に戻る』と報告した」とまで話した。危機対応の第1準則である「嘘をつくな」という点を破ったのだ。

  大統領への報告も遅れた。青瓦台参謀が事件を認知してから25時間、朴大統領は関連報告を受けられなかった。ワシントンからロサンゼルスに移動する5時間、青瓦台と専用機に搭乗した参謀の間で「外交問題になるおそれがある、米国務省に報告されたそうだ」いう心配が行き来したが、実際に朴大統領に報告されたのは翌日午前だった。「大統領が非常に忙しくて報告できなかった」という言葉にうなずく国民は果たして何人いるだろうか。

  青瓦台の謝罪も不十分だった。最初は10日夜、李南基首席のわずか4文章の謝罪だった。被害者や傷を負った海外同胞には謝罪せず、人事権者として最終的な責任がある大統領にした。わずか3文章、17秒の代読謝罪でひどく世論の叱責を受けたことがあるが、これを約40日ぶりに繰り返したのだ。昨日の許泰烈(ホ・テヨル)青瓦台秘書室長の2度目の謝罪も不十分だった。謝罪文の半分は訪米成果の自慢だった。李南基首席が10日に辞意を表明したというが、2日後の昨日の時点でも辞意を受け入れるかどうかを明らかにしなかった。

  さらに深刻な問題は青瓦台の無能・無感覚が現在も続いている点だ。尹前報道官の帰国過程をめぐり論争が広がっているが、郭尚道(クァク・サンド)民政首席は昨日「法的な評価も終わり、本人も更迭され…」と話した。追加の調査も、措置もないという意味だ。青瓦台はいつまで国民を惨めな思いをさせるのか。

  実際、朴槿恵の青瓦台では、このような過ちが反復されてきた。「心機一転する」と誓ったが、毎回、失望を与えた。朴大統領が苦心しなければいけない。「私は頑張っても青瓦台の参謀がサポートしない」と咎めるばかりではいけない。こうした青瓦台をつくったのは朴大統領であるからだ。是是非非に対する真相究明だけでなく、青瓦台システム全般に対する点検もしなければならない。これが改善の機会になることもある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事