安倍首相、「差別儀典」批判を意識?…韓国国情院長には同じ椅子

安倍首相、「差別儀典」批判を意識?…韓国国情院長には同じ椅子

2018年03月14日09時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  訪朝・訪米の成果を説明するために日本を訪問した文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の対北朝鮮特使、徐薫(ソ・フン)国家情報院長が13日(現地時間)、安倍晋三首相と同じ椅子に座った。

  一国を代表する人物が訪問国の首相と同じ椅子に座って同じ位置で対話するのは当然のことだ。しかしこうした当然のことが日本首相官邸では行われず、国を代表する人物に対する礼儀を欠いているという批判を受けてきた。

  安倍首相はその間、自分の椅子とデザインも違い、さらに高さまで違う椅子を韓国側の訪問者に提供し、韓国メディアから「欠礼」という指摘を受けてきた。

  この日、訪米結果を説明するため日本を訪れた徐薫国家情報院長は安倍首相と首相官邸で面談した。徐院長と安倍首相の椅子は同じだった。

  韓国からの訪問者に対する日本の儀典の欠礼は昨年から3回も続いた。昨年5月に文在寅大統領の特使として日本を訪問した文喜相(ムン・ヒサン)議員が座った椅子が最初だ。安倍首相の椅子は高さも高く、デザインも違っていた。高い椅子に座った安倍首相は文議員を見下ろす格好だった。写真だけでも「儀典差別」が明確に表れた。

  その後も韓国外交使節に対するこうした待遇は続いた。文議員に続いて昨年12月に康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、洪準杓(ホン・ジュンピョ)自由韓国党代表が日本の首相官邸を訪問した時も椅子のデザインと高低に差があった。日本のこうした「椅子差別儀典」は韓国だけでなく各国の首脳級でない外国の訪問者にも慣行のように行われてきたことが分かった。

  しかし13日、徐院長と安倍首相の椅子はデザイン・高さともに同一だった。この日、安倍首相は対北朝鮮特使の徐院長に「非核化に向けて北朝鮮が具体的な行動を取り、その言葉を実践することが極めて重要だ」と強調し、当初15分の予定だった面談時間をほぼ1時間に延長した。

  現場を取材した日本の記者の間では「韓国メディアの問題提起が受け入れられたのでは」という声が出ていたと、聯合ニュースは伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事