日本ビール、韓国で最も人気が高い

日本ビール、韓国で最も人気が高い

2015年01月20日15時42分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
コンビニに陳列されている日本の輸入ビール(写真=中央フォト)
  韓国人が最も好きな輸入ビールは日本ビールであることが分かった。

  19日、韓国関税庁と流通業界によると、昨年の韓国のビール輸入額は1億1164万ドルで2013年8967万ドルより24.5%急増した。

  昨年韓国が輸入したビールを国家別にみてみると、日本が3万1914トンで1位を占めた。続いてオランダ1万7821トン、ドイツ1万6688トン、中国1万1490トン、米国8944トンの順だった。

  韓国に日本ビールのブームが起こり始めたは2011年にさかのぼる。2010年には日本ビール(8354トン)はオランダ(1万745トン)、米国(9845トン)に続き3位だった。しかし、日本産ビールの輸入量は増加し、2011年にはオランダ(1万929トン)や米国(8816トン)を抜いて1万2353トンで日本が1位となった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事