金宇中元会長、大宇造船の中国行事になぜ出席?

金宇中元会長、大宇造船の中国行事になぜ出席?

2011年01月11日11時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金宇中(キム・ウジュン)元大宇(デウ)グループ会長が7日、中国遼寧省瀋陽で開かれた大宇造船海洋と日林グループ間の了解覚書(MOU)締結式に出席した。MOUは、中国丹東に造船産業基地を建設し、船舶・海洋設備建造および修理、物流、エネルギー開発などで協力するという内容を含んでいる。金元大宇が旧大宇系列会社のビジネスの席に姿を現したのは異例。

  大宇の世界経営を率いた金元会長は99年、大宇グループの解体とともに経営の一線から退いた後、特に事業活動をしてこなかった。旧大宇グループの役職員会合にのみ時々顔を出した。

  当初、大宇造船海洋はこの行事に南相兌(ナム・サンテ)社長、王珉遼寧書記長らが出席したと紹介しただけで、金元会長には言及しなかった。しかし現地メディアのインターネット記事で金元会長の出席が確認された。これに関し、一部では「金元会長が今回のMOU締結にある種の役割をし、大宇造船を通して‘再起’を模索しているのではないか」という観測が出ている。

  大宇造船海洋側は金元会長との関係を否定した。会社関係者は「金元会長はMOU締結に関与していない。われわれは金元大宇を招請していない」と明らかにした。

  金元大宇の側近である張炳珠(チャン・ビョンジュ)大宇世界経営研究会長(元大宇社長)は「以前から親しかった王珉遼寧省書記から公式招請を受けたと聞いている。金元会長の再起とは関係ない」と述べた。張会長は「金元会長は大宇グループが解体してからも、‘大宇’という名前がついた会社には何でも支援を与えたがる。しかし時代が変わったうえ、大宇造船海洋の場合、産業銀行が大株主なので、誤解を招かないか非常に慎重になっている」と付け加えた。

  金元会長は「健康のため暖かいところで過ごすべき」という医師の助言を受け、この1年間の8カ月以上は過去の事業と関係があるベトナムで送っている。

【ホットクリック】

・韓日国防相会談に中国は戦々恐々
・<アジア杯>韓国、2-1でバーレーンに勝利…具滋哲が2得点
・三星のスライディングPCに「ワォ」と感嘆
・CNBLUE、日本でオリコンデイリーランキング2位に
・【コラム】日本が安保パートナーになるには
   
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事