【社説】北朝鮮、またミサイル挑発…THAADを越える代案考えるべき

【社説】北朝鮮、またミサイル挑発…THAADを越える代案考えるべき

2017年03月07日08時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が中距離弾道ミサイル4発を昨日午前、奇襲発射した。平安北道鉄山郡東倉里(ピョンアンブクド・チョルサングン・トンチャンリ)から5秒間隔で発射されたこのミサイルは、1000キロ飛行した後、東海(トンへ、日本名・日本海)の日本排他的経済水域(EEZ)に落ちた。北朝鮮が先月に北極星-2型を試験発射してから22日ぶりのことだ。北朝鮮の今回の挑発は核・ミサイル開発の延長線上にある。4発同時発射は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権が韓半島(朝鮮半島)安保を対話ではなく軍事的に解決するという戦略を露骨に表わしたものだ。先月、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏を化学武器で毒殺した蛮行と何ら変わるところはない。

  北朝鮮のミサイル発射は今月1日から始まった韓米連合トクスリ(FE)演習中に敢行された。連合演習時期には北朝鮮が挑発を自重していたが、それが変わった。しかも、北朝鮮に対する国際社会の経済制裁が強化され、米国の北朝鮮への予防的先制打撃および戦術核再配備の検討まで行われているところだ。これは正恩氏自ら北朝鮮核とミサイルを国際化させようとする意図だと考えられる。北朝鮮の挑発で、北東アジアの安保状況が力による対立に変わりつつある。だが、これは正恩氏の誤った判断で、錯覚だ。その結果は、北朝鮮に対する国際社会の制裁がさらに強化されるだけだ。

  今回の北朝鮮のミサイル発射が奇襲的に行われた点は懸念すべき部分だ。北朝鮮が液体燃料を使う中距離ミサイルを北極星-2型のように固体型に切り替えた可能性がある。そのような場合、北朝鮮のミサイル発射準備時間はさらに短くなり、防御が難しくなる。したがって韓国軍のミサイル防衛体系を多層的に強化する必要がある。パトリオットでは首都圏の防御に限界があるということだ。さらに北朝鮮は近い将来、核弾頭をミサイルに装着する見通しだ。北朝鮮は2020年までに50発程度の核兵器を作るというのが大部分の専門家の判断だ。ソウルに1発でも落ちれば途方もない災難が発生する。慶尚北道星州(キョンサンブクド・ソンジュ)に配備される高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の他に、韓国軍もTHAAD水準の迎撃体系を追加で確保しなければ首都圏防御は不可能だ。国防部が2020年代中盤までに開発するとしている中高度迎撃体系L-SAMを待つには時間がなさすぎる。海軍イージス艦にSM-3迎撃ミサイルを搭載することもこれ以上遅らせることはできない。北朝鮮の核挑発を抑制するために米国トランプ政府は戦術核兵器の韓半島再配備まで考えているという。韓半島の非核化原則を守りながら、韓米空軍がグアムにある米軍戦術核を戦時だけに共同運営する案は真剣に検討してみる必要がある。

  これとあわせて、北朝鮮のミサイル発射で中国のTHAAD配備反対はもう名分を失った。THAADは、中国には長期戦略次元だが、われわれにとっては国民の生命と財産に直結する事案だ。中国がTHAAD配備を反対するには、北朝鮮の非核化とミサイル発射を中断させることが優先だ。中国は北朝鮮の核開発を放置しながら油類など経済を支援した責任があるためだ。北朝鮮のミサイルが韓国だけでなく日本本土や沖縄、グアムまで脅かすという点で、韓日米が北朝鮮ミサイルに対して速かに備えられるよう、防御協力体系のさらなる強化が必要だ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事