大田平和の少女像に日章旗と旭日旗差した大学生、警察調査で「処罰できず」

大田平和の少女像に日章旗と旭日旗差した大学生、警察調査で「処罰できず」

2017年03月07日08時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  大田(テジョン)のボラメ公園に立てられた平和の少女像に日章旗と旭日旗を差した大学生が警察に捕まり調査を受けた。

  大田屯山(トゥンサン)警察署が6日に明らかにしたところによると、この日午後4時52分ごろ、大田市西区屯山洞のボラメ公園にある平和の少女像のひざと手などの間に日章旗と旭日旗が差されているのを近くを通った市民が発見し警察に通報した。通報を受け出動した警察は現場でうろうろしていた大学生(19)のかばんから日章旗と旭日旗を見つけた。大学生は通報を受けた警察が現場に到着する直前に平和の少女像に差しておいた日章旗と旭日旗を回収した。大学生は警察署に任意同行して調査を受け帰宅した。

  警察は特に法的に処罰する根拠を見つけられなかったという。少女像を毀損したのではなく日章旗と旭日旗を差しただけのためだ。警察で大学生は「現在の政治状況が気に入らない。私は日本人になりたい。日本が好きだ」と陳述したという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事