俳優クォン・サンウが探偵に? 「今年で40、ターニングポイント必要だった」

俳優クォン・サンウが探偵に? 「今年で40、ターニングポイント必要だった」

2015年09月10日09時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優クォン・サンウ
  俳優クォン・サンウが『探偵』に出演することになった理由について明らかにした。

  9日午後、ソウル城東区(ソンドング)の往十里(ワンシムニ)CGVで行われた映画『探偵:ザ・ビギニング』(以下、『探偵』)のマスコミ試写会にクォン・サンウとともに彼と名コンビを演じるソン・ドンイルが登場した。

  同日、クォン・サンウは『探偵』を選んだ理由について「今年40になった。4年ぶりの映画だ」としながら「俳優としてターニングポイントが必要だった。そんな中、『探偵』のシナリオに出会った」と話した。

  また「カン・デマンというキャラクターを私が演じれば面白そうだなと思った。父親としての生活も今回の作品を通じて皆さんにお見せすることができれば、ある程度、私のやりたかったことができるのではないだろうかと考えた。愉快な作業になりそうだったので、出演を決めた」と付け加えた。

  『探偵:ザ・ビギニング』は韓国のシャーロックを夢見る推理好きの貸し漫画屋店長のカン・デマン(クォン・サンウ扮)と広域捜査隊のレジェンド刑事ノ・テス(ソン・ドンイル扮)の非公開合同推理作戦を描いたコミカル犯罪推理劇。24日公開。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事