金正恩氏の妹、腹部に膨らみ…妊娠説に対北専門家の意見は?

金正恩氏の妹、腹部に膨らみ…妊娠説に対北専門家の意見は?

2018年02月12日11時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金正恩労働党委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委第1副部長を含む高官級代表団が9日、専用機に乗って仁川(インチョン)空港に到着し、儀典室で政府関係者と歓談している。(青瓦台写真記者団)
  9日に特使として訪韓した金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は大きな存在感を残した。金与正氏の表情や筆跡に多くの人々の関心が集中した。一部では「金与正(キム・ヨジョン)氏の腹部に膨らみが見える」と妊娠説を提起したりもした。

  金与正氏はソウル・江陵(カンヌン)などで56時間ほど滞在した。9日に仁川空港の貴賓室に入った時と10日に江陵で開かれた趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官主催の夕食会場でコートを脱いだ姿について「体がやせているのに比べて腹部が少し出ているようだ」という話が出てきた。

  これに対しキム・ジョンボン元国家情報院対北朝鮮室長は10日、テレビ朝鮮のインタビューで「健康を回復して妊娠をしたのではと感じた」と話した。

  金与正氏は2015年に左手に指輪をはめた姿が確認され、結婚説が浮上した。同年、妊娠したかのように腹部が膨らんだ写真も公開され、出産説もあった。金与正氏の結婚・妊娠などについて韓国政府は「確認できない」という立場だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事