「軍国主義者と呼びたいならどうぞ」…米国で安倍首相が大胆な発言(1)

「軍国主義者と呼びたいならどうぞ」…米国で安倍首相が大胆な発言(1)

2013年09月27日08時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本の安倍晋三首相。
  安倍晋三首相の大胆な「海外発言」が続いている。8日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で「(福島第1原発の)汚染水の影響は港湾内で完全にブロックされている」と発言して物議をかもした安倍首相が、今回は米国で「右翼の軍国主義者」という表現を使った。

  国連総会出席のために米国を訪問中の安倍首相は25日午後(現地時間)、ニューヨークのハドソン研究所で講演し、中国の軍事費増強に言及した。まず「日本の隣に軍事費支出が少なくとも日本の2倍にのぼり、米国に次いで世界第2位の国がある」とし「その国は1989年以降20年以上、毎年10%以上の軍備増強を続けている」と述べた。「中国」という国名は最後まで出さなかった。続いて「日本は今年11年ぶりに防衛費を増額し、その幅も0.8%にすぎない」とし「(それでも)私を右翼の軍国主義者と呼びたいのなら、そう呼んでいただきたい(So call me, if you want, a right-wing militarist)」と話した。傍聴席からは笑いが起きた。

  この日の講演は、保守性向のシンクタンク、ハドソン研究所が国家安保に貢献した人物に授与するハーマン・カーン賞を、外国人では初めて安倍首相が受賞したことを記念する行事だった。英語で冗談を交えての表現だった。しかし「中国が安倍首相を『戦争の道を目指す右翼』と批判する矛盾を逆説論法で指摘した」(産経新聞)という解釈が出ている。

「軍国主義者と呼びたいならどうぞ」…米国で安倍首相が大胆な発言(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事